職場内で流通する機関誌みたいなものがある。

毎月、偉い人が「激動の時代を生きるために」などと、コピペしてきたのかな?と感じるほどに定型的な有難い言葉を長々と連ね、「最近将棋始めました」で締める訳の分からない文章が巻頭に掲載されている。

その次に、やや偉い人が似たような言葉で叱咤激励し、犬を飼いはじめたことをカミングアウトして締める文章が続く、そんな大変に有意義な冊子だ。

その中の1コーナーに「わたしのコンソメスープ」というコラムコーナーがある。

正直に言ってしまうと僕はこのコーナーの意義が全く分からなかった。端的に言うとなぜそこにあるのか全く分からない。意味不明だとすら思っていた。
元スレ:https://blog.tinect.jp/?p=52144
コメント一覧
森麗勇気2020-12-29 20:27:50

“ちなみに、コンソメの語源は「完成された」という意味だ。コンソメスープのように一点の曇りもなく澄んだ「完成された」文章など存在しない、でも完成を目指さなければならない、文章のコンソメを目指して。 ”

オフィシャルで文章を書くとなると、本当につまらなくなる。コーヒーには困窮してるとか、泥臭かったりキツネとタヌキみたいな話は求められてないからだ。綺麗な卒がない文章は本当につまらない。書く方もつまらない

北の湖敏満2020-12-29 20:33:56

「似たような話ばかり書かせているのはお前が原因か。だったら最初からそう言えよ、と思ったが、もう締め切りギリギリということで、以下のように直されてしまった。」