もう10年以上も前のことだが、新入社員の採用面接でお会いした、忘れられない一人の女子学生がいる。

彼女はノックもせずいきなり部屋に入ると、何も言わず席に座り、下を向いてそのまま固まってしまった。

最終の役員面接となると、やはり緊張で上手く話せなくなってしまう学生もいるので、その事自体は珍しいことではない。

しかし彼女は余りにも極端だった。

「こんにちは。今日は面接に来てくださってありがとうございます。よろしくお願いします。」

「・・・」

「緊張する必要なんか、全くありません。少しお話をお聞きすることはできそうですか?」

「・・・」

わずかに見える鼻の頭や耳まで真っ赤になってしまっていて、今にも泣き出しそうだ。

顔を上げられず、小さく固まってしまった肩が震えている。

もはや面接どこではない空気感だ。
当たり前の話かも知れないんですが、ちょっと書かせてください。

「頭がいい人は、難解なことでも分かりやすい言葉で説明出来る」みたいな信仰というか、都市伝説というか、聖闘士の伝承みたいなテキストが時折観測されるんですが、みなさんご存知でしょうか。

「頭がいい人 説明」とかでぐぐってみると、いろんなページが引っかかりますよね。
私、あれちょっと違うというか、色々誤解されてるなあ、と思っていまして。

正確には、「頭がいい人は、相手に説明をする目的と、相手にどこまで理解させる必要があるかを見極めることが上手い」というべきなんじゃないかなあ、と。そんな風に考えているのです。


昔、私が今とはまた違う職場にいた頃、一人「すごく説明が上手い人」が同じ部署にいました。彼のことを、仮にTさんと呼びます。

Tさんはエンジニアで、私よりも十年くらい先輩で、当時その職場に参加したばかりだった私がいたチームの、チームリーダーにあたる人でした。
ことし最後の取り引きとなった30日の東京株式市場、日経平均株価の終値は、去年の年末と比べて3700円余り値上がりし、年末の株価としては1989年以来、31年ぶりの高値となりました。

▽日経平均株価、30日の終値は29日より123円98銭安い2万7444円17銭。

▽東証株価指数=トピックスは14.50下がって、1804.68。

▽1日の出来高は8億7819万株でした。

ことしの株式市場は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて景気の先行きへの懸念が急速に高まり、日経平均株価は3月中旬に1万6000円台まで下落しました。

しかしその後、日銀やアメリカのFRB=連邦準備制度理事会などによる大規模な金融緩和や各国政府の経済対策の下支えもあって、厳しさが続く実体経済とかい離する形で株価の上昇が進みました。
「採用面接はお見合い」

就活まっただなかの大学3年生のころ、よくそんな言葉を耳にした。

その言葉を使っている人たちは「面接は相性を確かめる場だよ」と言いたかっただけなんだろうけど、わたしは「どーりで無駄が多いと思ったわ……」と妙に納得した記憶がある。

要は、「採用担当者が好き嫌いで合否を決めますよ」ってことじゃないか。 だから就活メイク講座だとか、面接マナーチェックだとか、表面的なことばっかりやらされるんだ。

面接っていうのは本来、「お見合い」なんてふわっとしたものじゃなくて、「交渉」なんじゃないの?
某クレカ会社に勤めています。
常識無い客からの問い合わせが多くて辟易しています
払えなくなった旨の問い合わせはよくあるし、カード止めて信用情報提供して使えなくさせるのでそれでいいんだけど、カード止めるってところまでできないような迷惑客をどうにかしたい

若い女性に多い。ブランド物をカード決済したあと、カード退会の連絡してくる。カード退会後も未払い残高は口座から振替になる旨を伝えると、そうなんですか?じゃあ退会しなくていいです。とかほざきやがる。退会すれば払わなくていいと思ってたのか…?

老人に多い。Apple iTunesやGoogleからの課金が急に発生しているが自分はスマホ持ってないから、番号流出して不正利用されているに違いない!カード止めて無料で別の番号を再発行して早く返金しろ!と怒鳴り込んでくる……

友人にこのスクショ送ったら「Katzen Heizung (猫のヒーター)?」ってコメント来ました。まぁそう思うよね分かる。

日本には純粋炬燵令という法律があって炬燵の上にみかんを置き中に猫を入れないと厳しく罰せられます。

一昔前の豆炭こたつなどでは一酸化炭素中毒で死ぬので、不完全燃焼が存在しない電気コタツだから出来る芸当やな。文明の利器万歳(猫萌え)

かつおぶしが海外のアマゾンで猫の麻薬としてのレビューばかりになってしまったように、コレも猫用アイテム(人間も使えます)のように認識されてしまうかもしれないw
職場内で流通する機関誌みたいなものがある。

毎月、偉い人が「激動の時代を生きるために」などと、コピペしてきたのかな?と感じるほどに定型的な有難い言葉を長々と連ね、「最近将棋始めました」で締める訳の分からない文章が巻頭に掲載されている。

その次に、やや偉い人が似たような言葉で叱咤激励し、犬を飼いはじめたことをカミングアウトして締める文章が続く、そんな大変に有意義な冊子だ。

その中の1コーナーに「わたしのコンソメスープ」というコラムコーナーがある。

正直に言ってしまうと僕はこのコーナーの意義が全く分からなかった。端的に言うとなぜそこにあるのか全く分からない。意味不明だとすら思っていた。
今日仁義なき戦いの松方弘樹と今の松坂桃李が同い年であるという話をしていた

『価格.com』や『食べログ』を運営し、13期連続増益、営業利益率は50%弱を誇る超優良企業『カカクコム』。

同社の創業者であり、『価格.com』の立ち上げ人でもある槙野光昭さんは、会社も自身も伸び盛りの28歳のときに会社を売却し、突如ビジネスの第一線から退く決断をします。

引退後はメディアに一切姿を現さず、ネットでは「悠々自適の生活を送っている」という噂も飛び交っていましたが、十数年の時を経て、槙野さんはまたビジネスの世界に戻ってきました。

その舞台は、なんと美容室。

あれから一体どんな生活を送り、なぜ起業家として復活し、美容室を始めようと思ったのか。
一審の判決を無視して今日も悪行を続けるいがらし。正義がなかなか通らない現実に苛立ちを覚えている
人々も多いであろう。せめてもの鬱憤ばらしに、いがらしの
お仕置き方法を考えてみよう!

例:陰毛を毛抜きで全部引き抜いて塩をすりこんであげる。
 
  目の前で100円を落として見せて、いがが目の色変えて
  しゃがみこみ伸ばしたその手を、ハイヒールの踵で
  踏みにじってあげる。
 
  れにと、どちらかが倒れるまで殴り合いをさせる。等々。

  真面目に有効な処刑方法も併せて求む。(この場合は法の目をくぐり抜けられる
  案であること)誰かのようにイタ電、イタfaxは却下よ。