テレビで陰陽師が悪霊退治をする特集があったのですが、
「神道」という言葉が度々出てきました。陰陽道と神道と
では、違う気がするのですが・・・。
 ご教授よろしくおねがいします。
コメント一覧
西川怜2021-10-11 05:00:35

age

飯塚高史2021-10-11 05:03:38

スレとは関係ないようでいて関係がありそうなのですが、
泰山府君の神道での位置を教えて下さい。

もともと中国の神様で、
それが陰陽道の主神になって神道の神様としても祀られてるんですよね?

泰山府=冥府で閻魔とも同一性があるとかないとかも聞いたことがありつつ、
神道では冥府は黄泉なのに「泰山府君(泰山府の君主)」のままで
神道の神様として祀られてるのは何故なのかなとか、
日本では日本での別名があるのかなとか、
黄泉の国を司ってるなら黄泉醜女とかの上司なのかなとか、
偉く力の強い神様っぽいけど三貴子とかの天津神との関係はどうなのかなとか、
その辺りを教えて頂けると嬉しいです。

小林政能2021-10-11 05:06:41

泰山府君は神道では天之御中主と同一として祀られてる所もある。

對馬優菜子2021-10-11 05:09:44

定期age

(^^)

イ・チヒ2021-10-11 05:15:50

ちょっとどのスレに書いたらいいのかわかんないんですがここに
十二天将のマイナーな奴らの形状って有名ですか?
気味悪い形状っていう説をよくみるけど、貴人とか天后とかムチャクチャ
それっぽくないネーミングに思えるんですが

チョン・ヘヨン2021-10-11 05:18:53

>>5
天社神道の土御門は、暦しか出来ないです。
京の戦乱と豊臣によりほとんどの資料があぼーんされました。
>>17
祓戸の大神の中の一柱。
>>21
時間や方位を表すので…。

新木さくら2021-10-11 05:21:56

神道というものは自分の限界以上の重苦(じゅうく)を
背負いなおかつ乗り越えようとし向上しようとする者にしか
試練を得られるチャンスは無い。

例えようが無いが、短距離走者が長距離走者にマラソンで挑むようなもかもな。

かっこいいからというのもある意味きっかけだが、一度きめたなら判断するのは貴方自身。

日野晃博2021-10-11 05:24:59

陰陽をやるなら中国で学べばいい。
日本では対戦TVゲームとして昇華されてる面があるような気がするが・・。

でもあれは無意識に殺人願望や破壊願望をつのらせるようで人格低いものはしない様に。

>>24
どちらかと言うと、安倍晴明に集約されている気もしますが…。
でもあれは…と言うのは、TVゲームに関してでしょうか?

三条美紀2021-10-11 05:31:05

ストレスが生霊になりそれが他人に憑依し暴力事件をおこすと言うことです。
普段から清楚な生活をしていましょう。
水道水と食卓塩でいいのでふりまいておきましょう。

苦しいときに塩を0.1グラムくらいなめるのも良い。
米食も良い。

age

春山満2021-10-11 05:37:11

両頭愛染キョウコ(ワラ

咲良菜緒2021-10-11 05:40:14

■牛頭天王■

 牛頭天王も色々な要素が合体していてよく分からない仏様ですが、元々は牛の神様で、
京都では公家たちが牛車を使っていたため、八坂の地に牛頭天王を祀る祠が作られたの
ではないかとも思われます。
 同じ地に祇園寺と八坂神社もあったため、平安時代の御霊会・祇園会などを通じて次第
に習合していったのでしょうか。八坂神社は元々は高麗系の八坂氏の氏神で農耕神だった
ようですし、祇園寺は天神・婆利菜女・八王子を祀る寺だったようです。

 この習合の過程の中で、牛頭天王は祇園会で祓う対象としての疫神と考えられるように
なり、また一方ではその本体は須佐之男命であると考えられるようになっていきました。
その場合、婆利菜女は櫛名田姫であるとします。また先代旧事本紀のように、牛頭天王は
大国主命であるとの説もあります。

 祇園牛頭天王縁起では、牛頭天王は須弥半腹の豊饒国王武塔天王の太子で、7歳に
して身長7尺5寸、頂に3尺の牛頭があり、また3尺の赤角もある。
 長じて王位に付き、牛頭天王と称え、山鳩のお告げで大海中の婆竭羅竜王宮に入り、
第三婆利菜女を娶り、八王子を生んだ、とされています。

 また別の説では、牛頭天王はインドの九相国・吉祥園の王で祇園精舎の守護神であった
との説も聞きます。

 牛頭天王は全国の八坂神社・祇園神社・津島神社で祭られています。

ttp://www.ffortune.net/spirit/tera/hotoke/gozu.htm

斎藤克衣2021-10-11 05:43:17

八坂は弥栄、やーさか で、やー とは前頭で さか は、栄える
という意味。
農村の神様を祀った神社で、関西に多い。
よー栄えろ、もっと栄えろ、という意味。

RAIKA(CYBERJAPAN DANCERS)2021-10-11 05:46:20

     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

北の湖敏満2021-10-11 05:49:23


 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

香田晋2021-10-11 05:52:26

あぼーん

太田光代2021-10-11 05:55:29

雨水(嘘)

神主よ
神道復活のために今こそたちあがれ。いまこそ!

1 :天之御名無主 :01/10/14 21:27


古いスレだな・・・

CHEN(EXO-M)2021-10-11 06:04:38

test

山田章仁2021-10-11 06:07:41

test

蘭乃はな2021-10-11 06:10:44

渡来人の牛頭天王を崇拝していた人々は、
瀬戸内海の播磨の明石に上陸したが、地元の宗教集団の
鴨部の民と激しく対立して戦争した形跡がある。
正史には載ってないけど地元の神社の縁起などにそれらしき
記述が出てくる。
明石では鴨部の民が勝利して、牛頭天王を崇拝する渡来人たちは
姫路の廣峯まで逃げて、ここで牛頭天王を崇拝したのが、廣峯神社
ではないかと思ってます。
後に、勢力を拡大した牛頭天王を信仰する集団が鴨部の民を駆逐し、
東に逃げた鴨部の民が鴨氏、賀茂氏、西に逃げたのが越智氏に
なったのではないでしょうか。
播磨国神出の神出神社の大己貴信仰は牛頭天王を信仰する人々の
勢力拡大の痕跡だと思います。

播磨の伝記や縁起によく出てくるキーワードは牛。
牛に乗ってやってきた渡来人との戦いの逸話などが残されています。