神話や逸話・地方伝説に残る
獣頭人身の存在について
何か知ってたら情報きぼんぬ
コメント一覧
丸山由美2021-10-11 20:21:30

平安時代に風水がきたからね。

上野真未2021-10-11 20:24:33

そうなんですか?風水は室町ぐらいに来たと思ってました。

イマヌエル・カント2021-10-11 20:27:36

風水じたいは飛鳥時代くらいには来てたっしょ。
四神相応で都を築こうなんてプランが通るくらいだし。

ヨハン・クライフ2021-10-11 20:30:39

でも複雑で、定着はしなかったらしい。荒俣宏の怪物の友を見てみるといいです

笹丘明里2021-10-11 20:33:42

>94
鬼がそういった姿で描かれる事が定着したのは江戸時代になってから
でしょう。中世に記されたもの、描かれたものでは角に褌としか書かれ
ておらず寧ろ祖霊のイメージが強い。
なお「四神相応の地」が現代言われているようなかたちで定着したのは
鎌倉時代ですが「鬼門」という概念は『神異経』から来たもの。
東北を忌むという感覚は、言葉こそ出て来ませんが『日本書紀』にも四
回ほど出て来ます。

三谷昇2021-10-11 20:36:45

それと西北(戌亥・乾)が神門とされ、辰巳と並んで禁忌の方角とさ
れていました。八卦(はっか)では乾は天を指した。

ジヒョ(TWICE)2021-10-11 20:39:48

>>53
確か「不死の怪物」という、英国の古典怪奇小説のネタになってました。

HARUNA(SCANDAL)2021-10-11 20:42:51

http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

向田邦子2021-10-11 20:45:54


 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

まつながひろこ2021-10-11 20:48:57

狼とか虎とかジャガーとか鰐とか、信じられている地方で
捕食者として生態系の頂点に立ってる生き物を模している事が多いのは
やっぱりトーテム信仰起源の要素が大きいのかな。

斉藤由貴2021-10-11 20:52:00

エキゾチックな感じのする少女です。
時折見せる大人びた表情とは裏腹にオッパイはまだまだ蕾という感じで幼児体形ですね。
ちょっと背伸びした黒い下着の下にはとてつもなく綺麗なオマンコが待ち構えています。
若いっていいねー。
援交女がすべて見せます。
無料ムービーはここから
http://www.geisyagirl.com/

玉袋筋太郎2021-10-11 20:55:03

あぼーん

丸山由美2021-10-11 20:58:06

現在の日本に「犬神」ていう性が無いのは何故ですか?

佐保明梨2021-10-11 21:01:09

持筋っていう姓が無いのと似た理由では

ボブ・サップ2021-10-11 21:04:12

>>108
レスサンクスです。
そうですね、普通に考えて、敬遠されたという事でしょうね。
でも犬神氏の元となった、犬上氏(記紀にもでてくる)の方は現在でも90人
位この性を持つ人がいらっしゃるようですけど。

ていうかスレ違いかも・・・まあ「ウルフガイ」という事でw

来栖萌々花2021-10-11 21:07:15

失礼します。

獣頭人身ってアニミズムが強いところで発生する場合が多いかと
考えていましたが世界中どこにでもあるんですね。
勉強になります。

ところで獣頭人身と獣首人身ってどちらが正式な呼び方なのでしょうか・・?

キトラ古墳の記事なんかではもっぱら獣頭人身と書いてありますが・・

リン・ユーチュン2021-10-11 21:10:18

どっちでもいいのでは?

日比美思2021-10-11 21:13:21

>>110
獣頭人身のほうが(学術的にはともかく、一般的には)通りがよいからなあ。

斎藤精一郎2021-10-11 21:16:24

孫悟空とか猪八戒とか沙悟浄は、捕食者として生態系の頂点に立ってる生き物
なのか・・・

井上咲楽2021-10-11 21:19:27

猿はともかく豚は食われる側だし沙悟浄に至っては夜叉で実在の生物ですらねえな

酒井敏也2021-10-11 21:22:30

沙悟浄って水妖じゃないの?河童みたいなものだって聞いたけど。
夜叉なの!角ないじゃん。

祐真キキ2021-10-11 21:25:33

まあ絵本とかのダイジェスト版やモチーフパロディ漫画じゃなくて岩波文庫のやつとか読みなさいよ
話はそれからだ

柴田勲2021-10-11 21:28:36

たまたまここを見たら、だいぶ前に、化石を見たギリシア人が
巨人伝説を生んだという説に対し、厳しい反論が浴びせられていたので、ちょっと一言。

確かに、巨人伝説はそんなに単純なものではないだろうと思う。
ただ、おもしろいのは、古代ギリシアの話で、「巨人の骨を掘り当てた」と
いう話があったり、「〜の神殿には、怪物・巨人の巨大な骨が奉納されている」という記録が残されていること。
可能性としては、今で言うところの化石であったかもしれない(まがい物かもしれないが)。
でもだからといって、そこから神話が生まれたわけではないだろう。
まず巨人伝説があって、偶然見つけた化石をその巨人伝説で説明し理解したのだろう。

ちなみに、スレ違いだが、インドでは、ヒマラヤ山脈から見つかるアンモナイトの化石を、ご神体としておがんでいた。

カエデフェニックス2021-10-11 21:31:39

男はみんなけだもの