最近、磐にとりつかれたかのように、行く所々で、磐に出会うのです。
気になって本屋にも立ち寄るのですが、オカルト的なものが多く、納得できる本にもまだ出会っていません。
何かご存知の方があればよろしくお願いします。
コメント一覧

磐船神社 新潟県村上市
岩船、石船神社、岩船大祭 http://www.iwafune.ne.jp/~matajoe/matsuri1.html

ファン・ジョンウム2021-10-11 21:51:47

和歌山県新宮市には「ゴトビキ岩」を御神体として祭っている神倉神社があります。
源頼朝が寄進したとされる500段以上の石段を登るのは骨が折れますが。
熊野速玉大社との関係がとても興味深いです。

福原愛2021-10-11 21:54:50

日本にはストーンヘンジみたいな、立石群全体が何らかの形をなしているものはないの?

西洋のフォレのような巨石に住み着く妖精のようなものはないのかな?
>>26みたいに石に見えない精霊を感じたりすることはあっても、
具象化した精霊や妖怪の伝説はあるんだろうか?

>>76
>立石群全体が何らかの形をなしているものは...
大湯温泉近在の大湯環状列石が有名だが。

渡辺典子2021-10-11 22:00:56

>>76
スダマという妖怪(神格?)は無機有機を問わず自然物に付くもののようですが・・・
木に付く木霊(コダマ)のようなものでしょうか

粟津號2021-10-11 22:03:59

ドルメン=机石(百取の机)お供え物を乗せる台

メンヒル=神籬(ひもろぎ)神霊がよりかかる御神体

ストーンサークル=磐境(いわさか)聖域の範囲をあらわす垣根

ローレン・コーハン2021-10-11 22:07:02

>>76
日本の巨石遺跡の周辺にも、妖怪やお化けなどの
恐ろしい民間伝承があることが多いよ。
ただ、内容はばらばらで一貫性はないらしいけど。
たぶん「あのへんには近づくな」という戒めの意味なんだろう。

向田邦子2021-10-11 22:10:05

>>77
>>立石群全体が何らかの形をなしているものは...
他には、どの地域にあるのですか?

ケビン・デ・ブルイネ2021-10-11 22:13:08

>>79
自分が聞いたのとはちょっと違いますね。

メンヒル=単一の立石
アリニュマン=複数の立石
ドルメン=三つ以上の立石に台となる石を置いた物
ストーンサークル=石を環状に並べた物。神護石

見た目はそのとおりで79と82は同じこと言ってる。

グレッグ・レイク2021-10-11 22:19:14

いや、79は機能分類的な定義で、
82は形態分類的な定義だ。
どちらかというと、82の方が恣意的じゃない説明だ。
あと、ドルメンは日本では「支石墓」と同義にされてる。

宇野なおみ2021-10-11 22:22:17

問題は単なる石なのか、石を使って何かエネルギーを抽出していたのかということ

ローレン・コーハン2021-10-11 22:25:20

ただの祭祀遺構でそ

松田元太2021-10-11 22:28:23

何のエネルギーを抽出していたんだ?

茅野愛衣2021-10-11 22:31:26

次の台詞は>85に向かって曰く。オカ板に逝ってよしとか(w

川崎皇輝2021-10-11 22:34:29

ギリシア神話にも巨石信仰の痕跡は残っている。

要約するとこんな感じ。
デルポイのアポロン神殿には、世界の中心点を教える
オムパロスの石があった。

その石は太陽神の聖堂を建築する際に巨蛇ピュトンの
頭に杭を打ち込んだ地点である「ピュトンの墓」の上に立っていたという

オムパロスの石はその土地の強力な大地のエネルギーを一か所に集中させ
一地域での地霊の力を強化させて予言を生み出させていた。

太古から力の流れは制御され、予言による影響力は
それを生み出す本来の源であった土地から離れて
アポロン神殿のオムパロス石に流れ込んだと。

まあ地霊というのは古代人が大地に宿る精霊
と考えていたナニカ...だな。

JUNON(CYBERJAPAN DANCERS)2021-10-11 22:37:32

ゴトビキの名前の由来ってなんでしょうか?何語でしょう?

立花家橘之助(2代目)2021-10-11 22:40:35

>>90
南紀の方言で「ヒキガエル」ていう意味。ゴトビキ岩のことだよね。

沢村貞子2021-10-11 22:43:38

ゴトビキは琴引という字を当てる。

二階堂ふみ2021-10-11 22:46:41

イエスキリストの第一の弟子も「巖(ペテロ)」だよな

熊代聖人2021-10-11 22:49:44

思い出しました。89>のオムパロスが大蛇の頭の上にあるってことについて。
鹿島神宮の要石もなまずの頭を押さえてるといわれていますが
その昔は、竜の頭を押さえていると言われていたみたいです。
大地の蛇の頭を押さえる石は西洋と東洋で共通しているのは興味わきます。
でもあの要石は巨石ではありませんね。

カルロス・オルティス2021-10-11 22:52:47

奈良の大和三山には山頂部に磐があり、天孫氏族以前の縄文信仰
の痕と思われるが、全山宗教上の理由で禁足地とされ、科学的調
査さえ行われていない。
二等辺三角形を成す、耳成・畝傍・香具山の三山と冬至線上に並
ぶ三輪・耳成・忌部山の中でも三輪山には、辺津磐、中津磐、上
津磐の三群のドルメン・メンヒル・方位石があり、古代以前から
天文に関わる祭祀・観測が行われていたものと思われるが、クロ
マンタのように学術調査の目が入る事を忌避されている為、全容
は不明である。

磐には祭祀場としての意義と測量上のポイントとしての緯度経度
的な意味があり、同一緯度上に神社・聖所を建築しているケース
が多く見られるが、これはタブーとされている事が多い。

シェリー・デュヴァル2021-10-11 22:55:50

カムナビ(神名火)の発生装置だろ?>巨石

YUKITO(Raphael)2021-10-11 22:58:53

岩手県の地名のもとにもなってる鬼の手形は?
大きな石が実際に祀られていると聞いたのですが?