彼岸と此岸を隔てるものとは、一体なんだろう?
コメント一覧
杏沙子2021-10-12 06:31:37

age

斎藤哲也2021-10-12 06:34:40

>>308

>白と黒ではなく赤(明)と黒(暗)なのでは?

根拠は?

蓬莱大介2021-10-12 06:37:43

賽の神、くなどの神

伊東孝明2021-10-12 06:40:46

hosyu

清水俊輔2021-10-12 06:43:49

>>309
そう言えば、除夜の鐘を聞いてしまった貧乏神はその家から出て行かなくては
ならない、という昔話がありますね。今年と来年の境界にいる間だけ、神と人の境界が
あいまいになり、人が神に干渉できる様になるんですかね・・?

小林一三2021-10-12 06:46:52

境界、特に「坂」について卒論やってみようかとも思ってたんだけど
もう人がいないのね・・・
色々聞きたかったんだが
もうしばらく自分で調べてみよう

>>325
除夜の鐘はお寺だよね?
神社では大晦日に大祓が行われるけど、神仏習合で結構混ざってるよう
だからその辺が関係してるのかも

チョン・ヘヨン2021-10-12 06:49:55

こんなスレがあったのか…知らなかった

>>8
姥捨てが山であったのは人里=この世・山=あの世であり、
老人を人里から山へ移すことで象徴的な死が与えられる
つまり昔の日本人は山を異界だと見なしていたんじゃないかな
余談だが、捨てられた老婆がかつての自分の家へやってくる話がある
やってきた老婆は我が家のためにとあれこれ役立つことをするのだが、
その老婆は異界の存在であるがゆえに妖怪とみなされ排除される

>>271
縁側が境ってのは初めて聞いたな
漏れは「雨だれ落ち」が境だと聞いたことがある

高田課長2021-10-12 06:52:58

人寄せあげ

矢野通2021-10-12 06:56:01

前見たの、もう1年以上前なのにまだ残ってる。
しかも、その間5レスしか進んでない。

面白い、いい分野だと思うんだけどねえ

江原由夏2021-10-12 06:59:04

そだね いい分野ではあるね
今 はじめて読んだスレだけど民神板なのに境の神について
みんな あまり書かないんだね。。。

サルタヒコとか道祖神についてどお思ってるんだろか

田中圭2021-10-12 07:02:07

マージナルマン参上!
またの名を山口昌男。
「文化と両義性」は読んだ?

戦慄かなの2021-10-12 07:05:10

地回りだと意味がぜんぜん違ってくる。
地走りだと思うw
地回り=ヤクザもんw

延山信弘2021-10-12 07:08:13

じいちゃんがすんでるとこの地名が境の神…どういう意味?

ブルース・マチアーノ2021-10-12 07:11:16

そういえば「貞子」っていうか「リング」シリーズって境界にまつわる
イメージだらけだったような。もちろん意識的に描いたんだろうけど。
貞子って井戸から出てくるし、あと両性具有だったり異能者だったり。
あと海(奄美大島)からの行き来とか、都市伝説、水、出産、産道…
>>333
お住まいどこ(そしてどんなとこ)だろう?

坂本冬美2021-10-12 07:14:19

>>334 333です

住んでるとこは東北沿岸です

そこは半島で、周りが海で囲まれてるんですが家は山の中にあります(上手く説明できません;)

家の回りは本当に何もなくて、あるのは山だけです。家自体は山裾にあります

これ以上は上手く説明できません…ごめんなさい…

Erisa(モデル)2021-10-12 07:17:22

>>335
恐山だったり
へーでもそんな地名もあるんだ
何県か聞いちゃだめ?
太平洋側?日本海側?山の名前は?
近所になんか神社あるとか
岬だったらまた面白かったんだけど

石原新菜2021-10-12 07:20:25

>>336

残念ながら恐山ではなく本州最東端の市です。山の名前は月山…わっはー身元ばれますねこりゃ

半島の南には灯台ありますけど…地区が違いますし

神社も一応あります。が、そこらは地名が違ったはず…うろ覚えです(;´Д`)

南田裕介2021-10-12 07:23:28

すげー。このスレまだあったのか〜。
この板でのオレのデビュースレだよ(笑)
4年も前だけど。

大根仁2021-10-12 07:26:31

>>337
岩手ケーンね。

小倉彩(サッカー)2021-10-12 07:29:34

ひとがいない……
良スレだから頑張って欲しいんだけどな

境には石を置く、という話を聞いたことがある気がします。

春野恵子2021-10-12 07:32:37

素人考えなので、名称やら解釈やら間違い多いと思うけど。

魔物とか妖怪など彼岸の存在は、その家の人に招かれないと侵入出来ないんだよね?
もしくは漫画がソ−スだけど、鳥の変化はその家の人間に目印(フン)を付けて
一昼夜だか時間が経てば家に侵入出来ると。
「招く」という行為も、ウチとソトの境界を越えているってことかなぁ。

幽霊話で、訪ねてきた死者がドアの外で何かしらのアクションをするも、
入って来れないと言うパターンも結構あると思うんだな。
病院の怪談での、看護婦の幽霊に追いかけ回されトイレの個室に隠れていたら
上から看護婦が覘いていたという話が怖いのは、境界をやすやすと越えているからかな、とか。
看護婦(ソトの存在)が、トイレの個室(鍵をかけることでウチになった)に
侵入してくる恐怖とか、潜在的に日本人には刷り込まれているのかなぁ。
と、これはオカ板向きの話ですね。ごめんなさい。

ウチの「チ」はイノチの「チ」とは別物?
「チ」のあるところがウチ、という解釈はあるのかな?
あると面白いなー。

八木美佐子2021-10-12 07:35:40

懐かしいスレがあがってるなw
>>341を読んで、質問スレでつい最近、類似の話が出てたのを思い出した。
寡聞にして許可があれば入れるというドラキュラ的な話の日本民話を知らんのだが。
節分の鬼(ツイナの鬼)から逃れるために、家の門柱にイワシの頭とひいらぎを打ち付けておく習慣があるね。
ところで、>>341は映画の「リング」は見たかい?

下條由香里2021-10-12 07:38:43

うひゃ。
そういえば瓜子姫の話しってます?
天の邪鬼のウソに騙されて家の戸を開けちゃう話だったとおもう 
機織りの最中だったかな ま騙されて入るの許しちゃうんだけど

しかし上から除く看護婦怖いなー 下から逆さで覗かれても怖いだろうな
「リング」見てますよ 当時は興奮したもんです、話よく出来てますよね

宮田早苗2021-10-12 07:41:46

こういう良スレは何年かけてもいいから静かにdeepに生き続けて欲しいね。
スレ立ちから読み続けて待つ。