戦争末期で、一番期待の持てそうな戦闘機震電について語ろう!

個人的には、非力な日本のエンジンでは精々600Km後半しか出せない
と思うのだけど。
コメント一覧
ローレン・コーハン2021-10-12 07:38:07

スピードはあっても運動性はどうなんだろうね。

高木ブー2021-10-12 07:41:10

運動性が低くても、P-51やF6Fが来た時は待避して、
爆撃機だけ相手にするような運用をすれば、大丈夫じゃない?
ダメ???

一撃離脱でいくんじゃないかな。運動性悪くても
スピードは出ることになってるし、火力は十分だし。
小学校の頃呼んだ本には、運動性は良好だと書いてあったけど。

レツゴー正児2021-10-12 07:47:16


データが少ないんではっきりとした事は分からんのですけど。
エンテ式は、その特性上高速時に置いて非常に反応が良いそうです。
零戦も実は最高速時の運動性は連合国の同時期の戦闘機に比べて
差が余りなかったそうです。

船木誠勝2021-10-12 07:50:19

へー、意外と大したもんだったんですね>震電
計画が1年早く進んでいたら、B29に善戦したかな?

きたろう2021-10-12 07:53:22

サムライソードを装備していれば・・・・・

優月みか2021-10-12 07:56:25

実験機(35馬力)程度の期待を作ってしテストしたところ
飛行特性に問題なく
前部にエンジンが無いという形状から空気抵抗も今までの戦闘機に比べて
高速が見込まれた様子です。
武装も機種に集中出来る利点もあります。30mm固定砲だって・・・ 携行弾60発。
B29相手に一撃必殺なら 60発で一機落としてもお釣りが来るかな?

同時のエンジン性能よりも燃料オクタン価に問題ありって感じですが・・・

ソン・ミンホ(WINNER)2021-10-12 07:59:28

小松左京の「地には平和を」にもそれらしき飛行機の描写あったね。
↑8.15で終わらずに、本土決戦に突入する話。

実際は九州に配備、、、される予定だったかな?
板付? 知覧? 太刀洗?

新木さくら2021-10-12 08:02:31

エンジンの冷却が難しそう。
確か、排気管のイジェクター効果を利用して空気を導入
してたはずだが、そんなので冷えるのかしらん。

ラクエル・ウェルチ2021-10-12 08:05:34

>12

それが一番の問題だったらしい。
あと、異常振動やトルクの問題があったらしい。
個人的には、全力飛行試験をして欲しかった。

岩崎良美(歌手)2021-10-12 08:08:37

さあ、どうでしょう。一応離陸できたのだから全く駄目
ではなかったでしょうけど。
スミソニアンに実機が残っている(バラバラの状態らしい)
ので、そのうち復元されるかもしれないです。スミソニアンだと
飛ばしてはくれないけど。

川井郁子2021-10-12 08:11:40

志茂田ちゃんの小説では「震電」を後ろ向きに飛ばしてました。

神農直隆2021-10-12 08:14:43

え? マジで??(でもやりそう(笑)

あの形だと、ジェットエンジンが実用化されていたら、
それを積んでもを… なんて思ってしまいますが、
素人考えでしょうか。

小林健太2021-10-12 08:20:49

>17

 震電をジェットエンジンに換装した震電改は
実際計画されていました。ただジェットエンジンの
性能が足りなかったのと、インテークの拡大とか
けっこう改設計をやんなくちゃいけないことが
わかって、時間切れでアウトになったと思います。

蘭汰郎2021-10-12 08:23:52

プレステのZEROPILOTで操縦した時
急上昇すると制御不能になりました。
データが正しいか不明ですが、運動性にかなり疑問がありそうです。

杏沙子2021-10-12 08:26:55

どっかのお金持ちがレプリカ作ってくれないかな?

ジョン・テリー2021-10-12 08:29:58

前脚が長いから、着陸すると、ポキリかも。

桑原征平2021-10-12 08:33:01

圧倒的なカタログスペックと、時代を先取りしすぎたフォルム、先進性、
で、実際に飛行してるということで人気が高いですが、海軍機と言うこ
とで、どうも一抹の不安が・・・
無茶な要求性能でカタログスペックは確かに凄いが、運用上問題ありあり
ってのが多いですからね。

野中ともよ2021-10-12 08:36:04

カタログスペックってそんなに良かったの?

織田作之助2021-10-12 08:39:07

■九州 J7M 十八試局地戦闘機 震電
全長:9.76m 全幅:11.11m 重量:4.950kg
出力:2.030hp(三菱ハ四三)
最大速度:750km 後続時間:150min
武装:30mm機銃×4 爆弾30/60kg×2 乗員:1名

主な特徴:エンテ翼、6枚プロペラ、30m機銃の機首への集中装備

浪花ほのか2021-10-12 08:42:10

ところで、このエンジンって実用になったんですかね?

2000馬力級のエンジン、大型で6枚羽のプロペラ、後退翼
(と言うほどのものでもないけど、いかにも空力は良さそうだ)
で、なんとか750kmの速度を稼いでいたけど、ペラが大きすぎて
着陸時に難がありそうだって、実際それで事故起こしてますな。

礼真琴2021-10-12 08:45:13

XP55アセンダーが650Km/hに達しなかったはずだから750Km/hには
届かなかったと思いますけどね。

よく考えればこのデザインは今のF1カーの先取りですね。
3@`40年早かった。

これのエンジンの強制冷却ファンはどちら向きに回したんだろう。
エンジンに風を当てる方に回したのか、熱を排出する方に回したのか。
インテークは少し離した方が良かったと思う。P51のラジエータや
F15のインテークみたいに。

落合博満2021-10-12 08:48:16

19>

エンテ式の特徴で失速性能は、他の戦闘機より良いはずだから
それは、間違い。
MSコンバットフライトシミュレーターではそんな事なかった。

26>

アセンダ−は2年前の設計だし。震電と同時期の
アメリカの同系統の推進式プロペラのブラック何
とかっていうのは、750Km超してる。