三輪山ってすっごく歴史的に重要な山
なぜ倭政権のど真ん中に出雲神が?
大物主っていきなり途中から出てきたよね
大物主が出てくる前から信仰の山であったはず
消された三輪山の歴史とは?思うところある人書き込んでください!
コメント一覧
南美江2021-10-12 07:40:12

三輪山は女性の神がやたらと多い。イスケヨリヒメなどがあっても夫の神武の
影はない。崇神天皇は天皇社という小さなお堂並だ。まことに男性を馬鹿にしとる。
スサノヲが野糞を垂れる気持ちがわかる。しかし、これが古代の真実、女系社会
の化石化したものかもしれない。男は夜に通ってくるもので、鶏の鳴く前には帰らな
くてはならなかったんだと思う。この風習は現在も雲南省辺りの残っているようだ。

イマヌエル・カント2021-10-12 07:43:15

>>119
>崇神天皇は天皇社という小さなお堂並だ
三輪の神を丁重に奉られたという威徳をしのび、
崇神天皇があの摂社に奉っている訳で。

あしべ(栗田いっかん)2021-10-12 07:46:18

ストレートに三輪山ノ神が女好きだってのが大きいんじゃないか?
三輪山伝説でもはるばる遠征してるようだしww。
だから、イラン( -.-)ノ ・゚゚・。ポイッ[男]
と。

神農直隆2021-10-12 07:49:21

イザナミの黄泉の女軍、神武の女軍、卑弥呼の女官こうした概念が
作られたのは宇佐か、三輪あたりに巫女幹部候補生学校(士官学校)
があり、小型の矛のような武器で(なぎなたの起源)武装し、警護に
当たっていたものと考えられる。WACかな。

藤田弓子2021-10-12 07:52:24

道成寺であったか、女の本質を蛇と見る見方があるが、珍島物語の基になっている
半島東南から日本列島に陸繋島の干満の奇異に関連する老婆、姫、弁天をおいて
神に仕えさせる風習があり、卑弥呼もその一例。稲作にかかわる雨乞い儀式であったの
であろう。現代でもコンクリート製の蛇のとぐろを田圃の周辺の祠に祭る。

ジェフリー・デマン2021-10-12 07:55:27

三輪山登るのに、まだ白装束を着ないと登れないの?

でも、あの辺りの神社、ちょっと怖いよな、随分右に傾いているから。
特に関西、大和じゃそうだよな、ブルブル。

ガッツ石松2021-10-12 07:58:30

4百数十円だか払えば、よほど変な格好でもないかぎり普通に登れます。

古今亭志ん生(5代目)2021-10-12 08:01:33

出雲の考えでは三輪山ではなく御室山(霊安山)であり、オオクニヌシ/オオナムチ
(出雲の神)をスクナヒコナ(地元大和の神)が祭っている山であるべきはずのところ、
その後、筑紫の三輪神社の名をとって三輪山にされ、物部の物(兵器)にちなみ大物
主という物部色の強い神にされてしまった。あまつさえ、アマテラスを入れたり出したり
され、全く世につれて変わる主体性のない山となったが、弥生時代は磐座だらけであり、
これが天皇とか、大和とか言う公共のマホロバの所以であろう。

笹川翼2021-10-12 08:04:36

瀬戸内の海賊の出という家の年寄りが今でも蛇神様へ水をあげて手を合わせます 海と海賊と蛇との関係は興味深いものがあります。秦では無いですよね!

赤坂泰彦2021-10-12 08:07:39

確かアーメン、じゃなくてそーめんの神様が祭られてる。
この季節はやっぱりこれだ。

白石晴香2021-10-12 08:10:42

美輪山…『双頭の蛇』で詳しく書いてあったようなー

宮本麗美2021-10-12 08:13:45

三輪山でした。スマソ!

勝隆一2021-10-12 08:16:48

実にユニークな説があるのですが。
アラハバキ
アラ(獅子神)ハバ(地母神)キ(蛇神)
三輪山ではこのうち、キ(蛇神)が祭られていると聞いた事があります。

アラハバキ神は三神の融合した姿で、個々の三神はシュメール神話にルーツがあるとかないとか。

王崎まりな2021-10-12 08:19:51

>>131
多分、ここの人は相手にしてくれないよ
こっち向きの話だと思う

★牡牛と竜 二戦目★「天津神と国津神の系譜」
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1088250644/

チャック・ベリー2021-10-12 08:22:54

人が蛇に変貌する伝説って多いが、悪夢的発想だな。
八郎潟の主、諏訪明神、女の執念(清姫)etc.
蛇か人を犯すのか、人の中に蛇性へシフトする要因があるのか…。

神社の拝殿の上を飛ぶ蛇神様を見たよ 龍の動きとは全く違くて ウネウネした動きは やっぱり蛇でしたよ 昔の人は それを見て そうめんを発明したのかもね

Erisa(モデル)2021-10-12 08:29:00

三輪山を神体とする縄文的な信仰と蛇をトーテムとする土着の部族があって、
九州から来た大和朝廷がこの地方を制圧して都を築き神話もすいあげられたと。

神話から逆算してもそう複雑な話ではない。

皆口裕子2021-10-12 08:32:03

良スレ アゲ

斉藤祐也2021-10-12 08:35:06


┏?スサノヲ━大己貴神(=大国主命)−事代主神

┗アマテラス━オシホミミ┳?火明命(ニギハヤヒ)
               ┗?ニニギ
(注 紀では火明命はニニギの後に組み込まれているが)

アマテラス━オシホミミが??のどちらかの系譜に属したのかは
別として、?〜?は本来別の系譜ではなかったのか。
(つまり後でそれぞれの話を接着した。)
ついでに大己貴神が幸魂・奇魂を三輪山に祭ったはずなんだが
、三輪山に祭られているのが大己貴神というのもよくわからん。

国譲りのあとニニギが出雲と頓珍漢な方向に天下ったのも
よく分からん。本来火明命に属した説話なのかもしれない。

表純子2021-10-12 08:38:09

>>118
三輪氏の一族に長尾氏というのがいるが
現在の葛城市長尾にある長尾神社と関係有るのだろうか
ナガはナギに通じるものがあるし

西村知美2021-10-12 08:41:12

三輪山山頂には”高宮”と書いた石がありますが・・・・
これは名字と関係あるのでしょうかね?

亀田真由2021-10-12 08:44:15

宮中にまつる園神がオオモノヌシだと聞いたことがある。
でも皇室は最近三輪山を無視してるし。

竹原稔2021-10-12 08:47:18

そういやあ能楽の「三輪」って不思議な曲だよね。
三輪の神が妻に正体(蛇ではなく杉)を知られた話を語る。
男装した女神が男神としての過去を語るっつーのが異様。
最後に三輪アマテラス同体説唱えてる。
中沢新一お気に入りの禅竹作説が有力だとか。

高橋真依子2021-10-12 08:50:21

地元の人間としては、出雲系も、天孫系も後からきた者。
あの神奈備山は縄文期からの古代祭祀の遺跡が残っている。
奥津盤座〜中津〜辺津盤座の3群の巨石遺跡があり、冬至・春分の観測
をしていた事が伺える。これは全山ご神域で考古学者が手に出せない為、
明らかにされていないが、発掘調査されれば日本史を書き換える事になる
だろう。邪馬台国の所在論争も意味がなくなるかもしれない。

奈良盆地には畝傍・耳成・天香具山の3つの山、大和三山があるが、耳成
山を頂点に二等辺三角形の形に並んでいる。耳成山と他の2山の直線の
中点を辿ると、この三輪山の中腹の祭祀遺跡にたどり着く。航空写真で
みれば丁度、矢印形が描けるのだ。

籠を逆さにしたようにみえる神奈備山は、よくとぐろを巻いた竜蛇に見立
てられた物だ。三輪山の神使は白蛇。近くの葛城山では竜に乗った人も記紀の
文献にある。ご参考まで。