レポートの課題でラテン文化とラテン文明について
書けという課題がでました。何をかいて良いのかわか
ら無いので至急情報下さい。
コメント一覧
だぜ(学校へ行こう)2021-10-12 13:08:04

   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

中国の世界的な歴史学者、馬明達老師による歴史上、日本、中国、朝鮮、刀剣武芸交流考を
紹介してますのでご利用下さい。
http://www.ne.jp/asahi/tfz/tys/index.html
歴代日中剣道連盟編の部へリンクして下さい。

ジェフ・リン2021-10-12 13:14:10

━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

水上剣星2021-10-12 13:17:13

     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

山下洋輔2021-10-12 13:20:16


 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

丘みつ子2021-10-12 13:23:19

文化触変について教えてください。
なにか具体的な例など・・・宗教や技術、食べ物、
目に見えるもの、見えないもの、いろいろありますが・・・・

本山英子2021-10-12 13:26:22

【学校教育は間違っている!!!既存の学説にとらわれない考えで科学界に革命を起こそう!!!】
「魂の量子論」、「ランゲージ・クライシス」および「間違いだらけの科学法則」はいずれも作者の革新的かつ独創的な考えがにじみ出ているサイトです。
今回のおすすめは「ランゲージ・クライシス」第2編・”言語システムの危機”、この中でも特に表意文字についての記述は超専門レベルの内容となっています。
また、文法についても既存の文法とは異なる独自の文法を提唱しています。
http://www1.kcn.ne.jp/~mituto

クリス・スクワイア2021-10-12 13:29:25

http://www.gameforms.com/games/ps2/ff12/media/media1/01.jpg
http://www.gameforms.com/games/ps2/ff12/media/media1/02.jpg

桂宮治2021-10-12 13:32:28

区別する必要なんてない。てか「文化」で充分。
「文明」なんて用語は使わないぞ。そんなもの
歴史概念にすぎない。どうしても使いたければ
本人がその都度定義すべし。いずれにしても
きわめて局地的な現象を指示するだけで「文化」
の対立概念じゃあない。

似鳥昭雄2021-10-12 13:35:31

(・∀・)age!

川柳川柳2021-10-12 13:38:34

最近山崎渉見ないな。どうでもいいけど・・・

夏井いつき2021-10-12 13:41:37

文明≒ハードウェア
文化≒ソフトウェア

ということでいいんじゃないの?
ひとつ例を挙げるならば、エジソンによる電球の発明、そして工業化による
電球の大量生産環境の構築は文明。
そしてその電球の存在を前提とした新たな生活様式の構築(夜間活動時間の増加
とか、夜間営業をデフォルトとする商いの発生とか)は文化。

麻倉みな2021-10-12 13:44:40

文明とは
(1)文字をもち、交通網が発達し、都市化がすすみ、国家的政治体制のもとで経済状態・
技術水準などが高度化した文化をさす。
「オリエントの―」

(2)人知がもたらした技術的・物質的所産。
「―の利器」                   国語辞典より
_________________________________________
                        ∨ ___
                           |_†_レ
                         (゚Д゚,,)
                      " ⊂" ̄ ̄ハ⊃
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     | ̄ ̄† ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ | ∝∝∝∝.|
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

ずれやまズレ子2021-10-12 13:47:43



文化とは
(1)〔culture〕社会を構成する人々によって習得・共有・伝達される行動様式ないし
生活様式の総体。言語・習俗・道徳・宗教、種々の制度などはその具体例。
文化相対主義においては、それぞれの人間集団は個別の文化をもち、個別文化はそれぞれ
独自の価値をもっており、その間に高低・優劣の差はないとされる。カルチャー。

(2)学問・芸術・宗教・道徳など、主として精神的活動から生み出されたもの。

(3)世の中が開け進み、生活が快適で便利になること。文明開化。
                                  国語辞典より



                   
_____________________________________________
                        ∨ ___
                           |_†_レ
                         (゚Д゚,,)
                      " ⊂" ̄ ̄ハ⊃
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧     | ̄ ̄† ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ | ∝∝∝∝.|
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧

井上孝義2021-10-12 13:50:46

文明とはつくること
文化とはつかうこと

筒井康隆2021-10-12 13:53:49

英語で、農業(agriculture)と文化(calture)とは同源だそうな。
四大文明などが大河流域での定住農業から生まれたことを思えば納得。

耕す→豊かになる→技術進歩→都市化(civilization)=文明 ってことで、
文化と文明の違いとはなんぞや、なんて問題はコトバをもてあそんでいるに過ぎない。

産業革命において後発国のドイツあたりが、文明(産業発展)はともかくとして、
文化(生活、文芸)の水準は劣ってないと主張するための詭弁ともいえる。

たとえば、平安時代の日本を例に考える。
その時代、京の人間は、地方(鄙)の人間を蔑視していたらしいことが古典文学などから読み取れる。
そうしてみると、作法・文化というものにおいて、都市・地方のちがいはそのまま
「文化の質」の優劣につながるということを、同時代人自身が共通認識として認めていたことになる。
にもかかわらず、部外者たる我々が「いや、文化に優劣はないのだ」なんていちゃもんつけるのも奇妙だ。

たしかに、貴族文化というものも文化のひとつの在り様で、民衆文化というのもまた一つである、というのは正論だ。
しかし、その文化継承者自身である民衆たちが、貴族文化が優で、民衆文化が劣だと認めていて、
なおかつ民衆文化は貴族文化のできそこないのコピーであり、できることならば貴族文化をそっくり真似たいと
考えていたとするならば、民衆自身がイビツだと感じている文化を無条件に賞賛することは危険じゃないのか。

日米文化の優劣を問う、などということは困難だ。比較できないくらいに懸け離れた様式のためである。
しかし、同じ時代の同じ地域内において、文化の優劣は問うことは可能であると思われ、
それが可能であるならば、ひいては、困難ながらも日米文化の優劣を問うことすら可能なのではなかろうか?

田名網駿一2021-10-12 13:56:52

>55の論は確かにその通り。
文化Aと文化Bのそれぞれの担い手達の意識のうちに、優劣を見ることはありうる。
だが、それが客観的な判断ではないことも確かだろう。「アメリカ文化への憧れ」
もそういった価値判断そのものだ。過去において、基本的には常に非「貴族文化」
が無価値と判断されてきたからこそ、相対主義が生まれたのだ。
「マクドナルドハンバーガーが素晴らしい」と言って伝統食を捨てる少数民族の
例を考えれば、相対主義を捨てた途端に、我々は判断基準を失って途方に暮れる
ことがわかる。

佐野実2021-10-12 13:59:55

司馬遼太郎の言葉が分かりやすかった覚えがありますな。
キーワードは普遍性。合理性。こちらは文明。
文化は多分に煩わしいもののように表現されてたっけ・・・

高信二2021-10-12 14:02:58

文化も文明も多義的な言葉なんだから、そこを忘れると議論が混乱するだろうよ。

マーク・ノップラー2021-10-12 14:06:01

>>54
実用的価値の程度で考えれば、「文明:使うこと」なのでは?

鶴田浩二2021-10-12 14:09:04

>>56

解りやすい回答ありがとうございます。
また、58氏の言うようにこのような議論は混乱を招くだけかもしれませんが、
ひとつの考え方としてやはり、文化の優劣が存在するというのは捨てがたいものがあるのです。

さらに卑近な例を挙げるのであれば、
螺鈿細工と、モザイク工芸と、ステンドグラス、さてどれが優れている?
などという問いが無意味であることは明白です。もちろん、製作日数や原材料費や需要量などから
各作品に 「金額」 という価値がつくことはありますが、それは文化の優劣とはイコールではないからです。

しかし、名人の作った螺鈿細工と、見習いの作った螺鈿細工と、体験工房で素人が作った螺鈿細工、
さてどれが優れている?この問いの答えは、誰が考えたって名人の作ったものに決まっています。

してみると、文化にも似たような側面があるのではないか?と考えてしまうのです。
もちろん、貴族が螺鈿の箱をもち、庶民は粗末な木箱をもつ、このような場合においても、
水漏れしない組み立て方とか、庶民なりの工夫があったりして、それが文化だと言えるかも知れません。
また、縄文土器と須恵器、土器としての強度はともかく、形状の違いが文化の相違だと言えるかも知れません。

しかし、同じ縄文土器で出雲では装飾的で、青森ではそうでないというような例があったとして、
その違いが実はもともと名人が出雲にいて、その弟子が青森に出向いた、というようなお話だったとしたら、
これを文化の違いだ、などと尊ぶことに疑問が生じる。

ここで挙げた例は極論ですけれども、 「文化に優劣はない」 という言葉を聞くとき、
上記のような疑問すら発してはいけないかのような、たとえるなら黄門様の印籠のような眩しさがあって、
いつも釈然としないまま引き下がって、解ったような気になっている自分がいる。

この消化不良をスパッと明快に切って伏せてくれるような回答がどこかにあると信じている私の頭が悪いのか……。

出口夏希2021-10-12 14:12:07

>>60
貴方の文章はわかりにくい

片岡治大2021-10-12 14:15:10

あげとくか

丘みつ子2021-10-12 14:18:13

平和で発展するのが文化
戦争で発達するのが文明