test
コメント一覧
小日向雪2021-10-08 21:31:40

けれども * 慣れ * とは恐ろしいものである。
いつしか、紗耶香はその異常な状況に我を失い始めていた。
「紗耶香ぁ、遠慮する事はないよ。 気持ちいいんでしょ?」
圭織は、愛液を溢れさせている花弁の上の小さな肉芽を摘み上げて、指で剥きあげて、さらに舌先ですすった。
「ひぃっ!」
責める。
紗耶香は、その縛られた身体を精一杯動かして痙攣して見せる。
「ダメ…変になっちゃ、う、よ」
「ん、いいよ。 紗耶香…」
圭織は美しさに満ちた表情で、今までの倍の速度で、そして倍の強さで、花弁を擦り上げた。

そして。
「あ、ダメ、け、圭ちゃ、いくっ…!」
紗耶香が絶頂を迎えた。

「え? 圭ちゃん…?」

阿知波妃皇2021-10-08 21:34:43

上げようと思ったけど荒れてるからやめた(わら

ではまた。

李子君2021-10-08 21:37:46

age

ヴァンダレイ・シウバ2021-10-08 21:40:49

下げますので上げて下さい。

何コレ

ネルソン・クルーズ2021-10-08 21:46:55

あげ。

ニック・ファルド2021-10-08 21:49:58

age

ヒョリン(SISTAR)2021-10-08 21:53:01

つづきはまだか

カルロス・オルティス2021-10-08 21:56:04

age

どさけん2021-10-08 21:59:07

今日はつまんねえからいつもより早く書いてさっさと落ちよう(わら

日下翔平2021-10-08 22:02:10

「ねぇ!」
「…ん。」
朦朧とした紗耶香に、詰問する圭織である。

「紗耶香! ねぇ、『圭ちゃん』ってどういうこと!?
 ねぇ! 何? 何で『圭ちゃん』なの?」
「え、な、なにが…?」
「とぼけないでよ! さっき言ったじゃない、『圭ちゃん!』って!」

紗耶香は、実はとぼけていたわけでは無かった。
ただ、*いつもされてた* のが圭ちゃんだったから…。
習慣とは恐ろしいものである。

はっきりとした答えを出さない紗耶香を見て、圭織は断定をした。
「そう。 紗耶香と圭ちゃんって *そういう仲* なんだ。 ふーん…。」
「えっ、違う、なに? そんな、何が? ねぇ」
混乱してる。 何でだろ。
何も悪いことしてるわけじゃないのにね。
「ちょっ、その、違うのよ、圭織。 圭ちゃんはね…」

紗耶香を無視して、圭織はある宣伝をした。
「圭織、決めたよ。 紗耶香を私の奴隷にする。」

丸尾詩織2021-10-08 22:05:13

「はぁ?」
「決めた。 紗耶香みたいな可愛い子、他の娘に取られたくないもん。」
「え、いや、あの、そうじゃなくて…」
「決ーめーたーのー!」
「ひっ!」
その大声に驚いている紗耶香をよそに、圭織は、着ているものをすべて脱ぎ、
その美しいプロポーションをさらけ出した。
「ね。今から圭織が女王様だから。」
そう言うと、圭織はベッドの上に上がり、その長い脚を広げ、紗耶香の顔を跨ぎ、両膝をついた。
紗耶香の目の前に、圭織の濃厚な繊毛が惜しげもなく晒されている。
「さあ、舌でゆっくり嘗めて。さっきいっぱいしてあげたでしょう?」

…。
紗耶香は、ためらっていた。
が、当然ながら彼女に選択権は無い。
やるしかないじゃん。 他にどうするって言うの?
ひとつ首を振ると、目を瞑って舌と唇で圭織の花弁を愛撫した。
「んっ…!」

鶴田浩二2021-10-08 22:08:16

「そうよ。そこっ、あん、紗耶香、上手ぅ…」
圭織は、自分の左手で、豊かな繊毛の中の割れ目を広げ、紗耶香の舌をより奥深く進入するよう促す。
一方右手の方は、己の乳房を揉みしだくのに忙しい。
その下方では、紗耶香の舌が圭織の淫液と唾液でびちゃびちゃと淫らな音をたてていた。
「んっ、んっ…」
圭織に圧迫される形になっているので呼吸するのも大変だ。
鼻息は自然と荒くなり、それが圭織の繊毛をそよぐ。
「はぁ、いいよぉ、紗耶香ぁ…」
ひとしきり紗耶香の愛撫を楽しんだ圭織は、突然立ち上がると、奥の部屋に行ってしまった。

何よ…(ハァ…)もぅ…(ハァ…)終わりぃ…?(ハァ…)
そんなわけ…(ハァ…)無いよね…(ハァ…)
あ…(ハァ…)何か持ってる…(ハァ…)

「紗耶香偉いから、ご褒美をあげるね」
何かを確認しようと動く範囲で首を動かすと、革のベルトのようであるのだが、何かが違う。
圭織は、腰にベルトをまき、*余った* 部分を股間に通して腰に固定した。
「そ、それって…」
圭織の股間には男性器状の突起物が隆々とそびえ立っていた。
「欲しいでしょ? 今あげるからね…」

圭織は、紗耶香の両足のロープを解くと、うつ伏せにし、腰を高く持ち上げ、そして後ろから奈々子を貫いた。

「いやーっ!」

浜崎慶美2021-10-08 22:11:19

激しいSMより
保田の時みたいな
いたぶり系がいい。

似鳥昭雄2021-10-08 22:14:22


    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
    /   @`――――-ミ
  /  /  /   \ |
  |  /   @`(・) (・) |
   (6       つ  |
   |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |      /__/ /  < んなわけねぇだろ!
 /|         /\   \________
        ̄ ̄ ̄

武田幸三2021-10-08 22:17:25

>32
何がやねん。

春野恵子2021-10-08 22:20:28

これどっかのエロ小説サイトからコピーしてきたやつだよ。
だってなんか最後の方に「奈々子」とか言う知らん名前の人物が出てきちゃってるもん。
これ名前の変え忘れでしょ。

曾我泰久2021-10-08 22:23:31


    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
    /   @`――――-ミ
  /  /  /   \ |
  |  /   @`(・) (・) |
   (6       つ  |
   |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |      /__/ /  < んなわけねぇだろ!
 /|         /\   \________
        ̄ ̄ ̄

鈴木福2021-10-08 22:26:34

あれー、全部直したつもりだったんだけどな(わら
つーか、前のやつでもやっちゃってたし(´Д`)
小説サイトの人は直しといてくれるとありがたいっす。
お手数かけます(わら

チャーリー浜2021-10-08 22:29:37

「痛、い、ぃ、ぃいやあぁっ!」

紗耶香は激痛に泣き叫んだ。
もうすっかり濡れているとはいえ、紗耶香にとってそれはあまりにも太過ぎた。

「最初は誰でも痛いものよ。 でもそのうちに気持ちよくなるから」
圭織は、ゆっくりと紗耶香に入っていった。
「あぁぁぁぁぁっっっっっ」
紗耶香の指が圭織の白い肌に食い込む。
そこだけが、赤い。

ハァ… ハァ… ハァ… ハァ…

息遣いだけが行き交う部屋の中で、紗耶香の意識は消えかけていた。
「ま、だ、ま、だ…」
圭織は、紗耶香の体を後ろに引き起こし、そのモノを抜かないままに、
身体を入れ換え、腰を下ろし、仰向けに寝ころんた。
後向きの女性上位の格好である。
圭織が、腰を突き上げながら、紗耶香の肉裂を押し広げながら。
くちゅっ、ぐちゅっ、と厭らしい音を立てながら、男性器をすっかり飲み込んでいる紗耶香であった。
「ハッ…」

なんでだろ?
もうわかんないよ。
私、どこにいるのか。 何してるのか。
なんでもいい。 早く終わって欲しいよ…。

紗耶香の瞳から涙が零れた時、圭織が絶頂を迎えた。
そして。
「いい? 紗耶香は奴隷なんだから、これから圭織のいうことは何でも聞くんだよ…」

(了)

ロバート・デュヴァル2021-10-08 22:32:40

やっぱアレだな。
単純にヤってるだけの物はもりあがん無いな。
番組収録中はやったから、次はレコーディング中ってするか(わら
# もちろんコピペでな(爆

ではまた。

神取恭子2021-10-08 22:35:43

あげまーす

家本賢太郎2021-10-08 22:38:46

        ¬づ宀つ丶
        宇輟欟躙欟躙欟躙醒莠籵―
      8繭欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙欟鎧、
     寥欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙觸ア
   鳥躪躙欟躙欟躙欟躙欟躙欟躙轆躙欟躙欟躙欟譚р
  ザ躙欟躙欟躙觸轆欟譁屬驢塵瀦櫚靂欟躙欟躙欟躙欟
  絡躙欟躙關碍宝希芳牀鬥竏戍弖射慮歃届轆躙欟躙欟鈷
 ^欟躙欟痂呑羊全屮汁0πガた中倶瑩剿窿闃躙欟躙欟闕
 袮欟躙羇贔祉ば叶ぅ 、 ′:わ球峠削燒顧躙欟躙欟躙
 葷欟躙顴咸析竏几     `よ炒床寒蜂軼鑒欟躙欟躙
 罷欟躙轆麼述文Σj‐−ー ′ 寳匱醯躅驕怫蠅躙欟躙
 送欟躙屬悖騁瘰澤淇乂″  Л蓴羈欟躙欟躙閻誣欟鑒壓
 夾躙欟諤藝躙欟躙欟躙昴∵‐霙欟躙觸躙壘躙欟醉觸躙蜥¨
 |躙蠱躙蟷躙醯篝剔避輓洸ゾ竊觸轆欟醴醜躙轆吃腿蠶韲弘
  跿課淌黥鷽軒蝿觸鑵字紙禎轆堵汐佝符怖襁誌潴蠧轜紙欠
  栃躙懦弸招で∴卜ぁ¬偐°頼6′ks”*十芥闢觸鑼平
  ゴ躙溯伏了’‘Ι゛,爻∵崢此.   {:盻軅躙欟虫
  ト躅矜不´   η必∈リВ引ニ 〉ビd仁恁鹽欟躙企
  へ諞烽Ъジ− 〕亡иべゝ下台あχ ‐ ̄ど息繭欟輓ツ
  i杯蔡ズTr ゲ屮花鸞什懲躅瀦十Hニ予泌恬蠱躙輳
   へ猿三る§x∨ヤ耗扶澗咾浅がЕ个丸啄引叔鯆躙珀
   ノ氛怎攵¶рЬどユッγpぽ乞与Α⇒今м往螺躙ヱ
     泌汀公Β匕皃譛蝶鹽魑鋤欟躙鬧≧か溶胝韈欟
     尖ぞ久к局礦讎襴父侵魍鞴寉仄次貞搜鑢躙闔
     ス餉祐孕仄仆汗竚害溽溢仇巾広低轆蟶觸躙欟刎
      江肇猯滋古爿廾kへずМ攻尼厰醒鹽欟膳抹躙嗔
       3嫐鶸空并苅柁矢ぎ及煎艫欟躙欟躙礼夘欟躙禪
       ″Q轆壷澣竕與倅疋清瞬躙欟躙欟醺 桎躙欟躙
     ト啖躙欟醫欟躙醒躑疆軅霾軅襴蠹欟嬢  躙欟躙欟
  ン司覊欟躙欟躙ご四署罍属霽標臙羇轆欟Ψ  儿躙欟躙欟

桂宮治2021-10-08 22:41:49