ボーダーを治療中の人、治った人さまざまな人が書きこんでください
ボーダーに対する誹謗、中傷は一切無視します。
コメント一覧
土田隆2021-10-21 22:24:20

>>181
それは、お疲れさまでございましょうm(_ _)m
もちろん、その方につきましては、自己愛性など他の人格障害の可能性もあり、
あるいは統合失調症、または正常の範囲内とさまざまなケースがあり得るのでしょうけれど。

何冊か読みやすい書籍も出ていますから、読まれれば一定の知識は得られ、
また、その方に対する対処法も学べると思います。
『境界性人格障害=BPD はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ』(星和出版)
『境界性人格障害のすべて』(VOICE)
『境界例と自己愛の障害 理解と治療にむけて』(サイエンス社)
私が読んだ中で参考になったのは、このあたりです。オカルト的でなく信頼できます。

境界性については、リスカや拒食など明快な症状のない人もかなり居ますので、
一見して分かりにくいですが、行動がかなり似通っているため、
親しい人にはある程度の判断がつくかもしれません。
むろん医学的な診断にはほど遠いですが、対処法としては収穫があるでしょう。

当スレの場合、患者本人や、十分な知識のない人の煽りが目立ちますけれど、
2ちゃんのメンヘル板には、より専門的で実用的なスレッドが幾つかありますので、
ご参考にされても良いかもしれません。

本田宗一郎2021-10-21 22:27:23

知識がない奴が振り回されるんだと思うよ

木村進2021-10-21 22:30:26

振り回される前から知識がある人はほとんどいない(自覚ボダ本人除く)

赤松義則2021-10-21 22:33:29

振り回される間抜けな医者もいるからな

タチアナ・コシェレワ2021-10-21 22:36:32

患者本人ですけど、
優しさがない人は振り回されないですよ。
相手がどうなろうと、それ以上は許容しないっていう線引きがきっちりあるから。

優しい人が振り回されるんです。

ボダ的には優しい人の方が好きですけどね。

松平辰蔵2021-10-21 22:39:35

それに関係なく
ちょっと知恵を付ければ振り回されないんだよ

三条美紀2021-10-21 22:42:38

>>>182
書籍のご紹介、他板のご案内まで詳しく有難うございました。
参考にさせていただきますね^^。

実際に障害に苦しんでおられる方々には、共感性の乏しい
書き込みでゴメンナサイでした。

周囲への共感性が豊かな方が一緒に悩んだり苦しんだりするんですよね。
利用すればいい人種だ〜なんて言ってる人は自分が損するような事しないもの。
誰かに何かを捧げる事の出来る方を拝むようなキモチで尊敬します。敬礼。

石井大宣2021-10-21 22:45:41

町沢 静夫 『ボーダーライン』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4621071424/qid=1124893233/
「人間は孤独である。なぜなら人間は橋を造る代りに壁を造るからだ」
検索してたらこの本が気になった。これは評判どうなのかな。

宇恵 さやか2021-10-21 22:48:44

優しさってのがよい意味にとられる場合が多いけど
優しさこそ諸悪の根源なんだよ
優しすぎる人間はダメ人間だとはっきり認識すべきときだ

ソンガン(俳優)2021-10-21 22:51:47

社会的に倫理的に優しさがいくら評価されがちでも
心理的には絶対マイナスのが優しさ
愛ではないんだな

笑福亭 鶴光2021-10-21 22:54:50

なんでもしてあげることが優しさだと勘違いしてる優男が多いからな
そういうアホがボダのカモになるわけだよ

三宅あみ2021-10-21 22:57:53

これは心理学か?

アサミ2021-10-21 23:00:56

与えない者の言い訳ばかり。

浅田恭悦2021-10-21 23:03:59

優しさはなにか与えてたっけ?
せいぜい一蓮托生気分

石井 寛子2021-10-21 23:07:02

■境界例の心の欠損は、「修復不能な基底欠損」とも言われる。
治療は基底欠損を埋めることではなく、社会で生きる事のスキルを身につけ、
心のシステムを社会適応の形にすることである。つまりリハビリ的。

境界例において多くの精神科医が治療に失敗してきたのは、「伝統的精神療法」に馴染まなかったため。
境界例には「選択的精神療法」というべき特別な体制が無いと困難。その例として、

1)「してあげない」ことが重要。

2)我慢し耐えるカを作る。訓練的側面をもつ。

3)患者に入れあげたり、話を真に受けとめないこと。「対人操作」に巻き込まれないため。

4)「大丈夫感覚」を供給する。

5)比喩とユーモアを使用する。彼らはその職業や知的水準とは関係なく情緒的には3〜7歳のレベルに
あり、深刻な行動化を避けるために冗談が分かる心が必要。適切な比喩を使って解釈することが有効。

境界例の患者は母親に良く似ている。父親は概して影が薄い。
優しくて強い父の出現が、治療の鍵を握る場合が多い。

風神ライカ2021-10-21 23:10:05

優しくするのも、更正させようとするのもだめなら一体どうしたらいいの?

藤原悦子2021-10-21 23:13:08

キレてる時は何もしなくていいの
反応するから同じことを繰り返すんだよ

礼真琴2021-10-21 23:16:11

ボダは常にキレ状態。

チョン・ウヨン2021-10-21 23:19:14

相手にしないんが一番と知るべし

松岡モナ2021-10-21 23:22:17

でも好きだから放置できないんですけど
どうしたらいいでしょうか?

笹丘明里2021-10-21 23:25:20

不器用だね
ボダは放置しても離れていかないよ
むしろ放置した方が離れていかない

>>198>>200
これに同意。相手するほうが病的と思われ。

デレク スミス2021-10-21 23:31:26

すいません

ジノン(F.CUZ)2021-10-21 23:34:29

ふつうはヤクザが関係ないように
境界も関係ない
関わったら最後、何かトラブルに巻き込まれると覚悟しなくちゃナ
関わらないのが一番、ヘンなのとは関係なく生きること