特定の宗派を超えてる存在です。教理、経典にとらわれない
霊験、ご利益談、各地のそれぞれの信仰形態をお書きください。
コメント一覧
加藤未唯2021-10-09 08:54:52

>>1
( ´,_ゝ`)プッ

本田多聞2021-10-09 08:57:55

利益レベルでナムナムするんなら宗教板いってください。
比較して考察するとか、方法論的な切断が無いと相手されませんよ。

アリーナ・ザギトワ2021-10-09 09:00:58

>>3
          __________________
         ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/|
         /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/ .|
        ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  |
       /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  / <  ・・・・・・プッ
      /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  /   \_________
     ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  /
    /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  /
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  /
    |      『プッ』詰め合わせ      | /
    |________________ |/

西岡葉月2021-10-09 09:04:01

日本における観音様は古い時代から民間信仰を集めていますね。
観音様というのは、実は未だに起源がハッキリしない不思議な神様(菩薩様)
でしてインドではアヴァローキテ・イー・シュバラと表現されますが、その
源はゾロアスター教の神様まで遡るのではないか?と言われています。
と言うのもゾロアスター教には手に水差しを持った神様(多分女神)がいるので
それが観音に変化していったのではないかと言うことですね!
日本では山田直次郎さんが描いた騎龍観音が有名ですね。
龍の上に観音様が立っておられる、写実的な西洋画ですがとてもリアルで
私も大好きです。

イ・アヒョン2021-10-09 09:07:04

十数年前だったか・・・・法隆寺の宝物殿から木彫りの龍の台座の上に乗った観音様
らしき彫り物が発見されて話題となりましたね。
というのも、それまで直次郎さんの絵の様に龍の上に乗った観音様というのは、ありそうで
無かったからです。

石田未来2021-10-09 09:10:07

毎朝毎晩、十句観音経を唱えている。
危ない病気に罹ったときに、医師ではないがある人に助けてもらった。
その人の勧めで唱えている。
以来、大禍無く過ごしている。


板スレ違い、甚だ御容赦。
親兄弟、他人にも優しく…

宇津宮雅代2021-10-09 09:13:10

 民族なんだから別に教義などに拘ることも無いと思うが。
>>多聞天氏
 龍上観音ですな、観音様も龍と縁のある仏様ですね。
>>ブクタブクオ氏
 その方って行者様かな?他に観音経もありますがこちらはどうでしょうか?

中尾明慶2021-10-09 09:16:13

「民俗」というつっこみは無しですか・・・。
というのはさておき、地蔵信仰というのは平安時代中期から盛んであった様
で、平安時代後期には陸奥や伊豆大島といった「辺土」でも信仰を集めていた
ようですね。子供の様な姿と捉える傾向は『枕草子』の頃からあり、親しみ
易い存在であったようです。
中世前期には、この二つの信仰が「旧仏教」側の庶民の信仰を集めていた。
鎌倉時代末期に念仏専修が広まると各家庭にあった地蔵が削り潰されたそう
ですが、言い換えればそれだけ各地で信仰されていたという事でしょう。
この千年来、ここまで日本人の信仰の「原風景」の一角に確固とした地位を
占めて来た存在もない。

ハン・サンジン2021-10-09 09:19:16

↑胎蔵界の地蔵様って普通の奴と違うよね

↑胎蔵界の地蔵様って普通の奴と違うよね

中島義道2021-10-09 09:25:22

六地蔵って鶏亀地蔵くらいしか覚えてね―な
あと何がいたっけ

下妻貴寛2021-10-09 09:28:25

http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/jizou.htm
↑ほれ、地蔵様

カルロス・オルティス2021-10-09 09:31:28

お地蔵様ウンチク
http://www.sakai.zaq.ne.jp/piicats/jizou.htm
追記すると、
お地蔵様は供養というよりも菩薩さま、神様としてお祭り申し上げ、みんなの気持ちを
仲介してくれる役目を持ちます。ですから、そこに被害者の魂が宿るわけではないので、
被害者の方々の了解は必要ではありません。お地蔵様はみなさんの純粋な気持ちを
浄土へと繋ぐ入り口の役割を果たします。
いるとしたら、建立するその土地所有者の了解。ですが、お地蔵様信仰というのは何処の
誰かわからない人がそこにおいて始まることが多いです。

あとは、、、そういうことです。

カーリー・クロス2021-10-09 09:34:31

バラモン教やヒンドー教の中にでてくる大地の神が原型なんだろ、地蔵さまは

チン・ギジュ2021-10-09 09:37:34

>>15
多分、その可能性も高いですね!
というのも仏教の天部衆や諸菩薩は、様々な宗派の様々な神々が釈迦の
教えに帰依して仏教の護法神や菩薩に変化する場合が殆どで要は、仏以外
は仏教から派生したものではないという経緯があると思います。

4のつく日は地蔵縁日よ23もそうか