アテナ様の事について語り合いましょう、想像の事でも神話の事でも
何でもいいです!あと、荒らしは辞めましょう。
コメント一覧
工藤舞2021-10-09 18:14:55

バビロニアの時代には、冬至点が今の山羊座の上にあり、元は山羊と魚に分かれていたが、
後に男神エアの化身である「魚山羊座」として描かれた。
エアは海(水)の神、知識の神である。
エアは、アイギパンと同様に、創造神を倒している。
神々が大地を汚す人間を滅ぼそうとした洪水神話の時、善良な人間に助かる方法を伝えたとされる。
また、知恵の実を食べて楽園から追放されている。エアとはユダヤ教のアダムやエヴァにあたるらしい。
ユダヤ教では楽園はエデンと呼ばれ、ギリシアではアルカディアと呼ばれる。
ギリシア神話でエヴァに当たる、「全てを与えられたもの」パンドラにも、Panの名が冠されている。

シュメール時代にもエア(エンキ)神は存在し、海(水)、知識の神であり、
姿も鱗と剛毛に包まれた山羊の半獣であったり蛇であったりする。
堕天使サマエルは、翼を持った蛇の姿であると言われる。
アテナの盾には蛇の髪を持ったゴルゴンが描かれる。
エデンでアダムとエヴァに知恵の実を食べさせたのも蛇である。
ナイルの宴会で牧神パンたちを襲い、ゼウスに倒された、暴風を象徴するヒュドラのテュフォンは、
ギリシア文明に敗れる前文明のエア神であり、パン自身であったともされる。

バビロニアより東に伝わった星座は宮と呼ばれる。
山羊座は摩羯宮と言われ、摩羯は鯱(シャチ)を意味し、西洋に伝わったものより海の守護神としての色合いが濃い。
またインドから中国、アイヌにも、鯱は広く海の守護神、そして天候を司るものとして信仰を受けている。
日本の城の天守閣に据え付けられているシャチホコも水の神の鯱に天災除けや豊穣を祈ってのものと考えられている。

メン・サンフン2021-10-09 18:17:58

>>50
地下でこっそり書き込んでたのによく見つけましたね。
出展は、できるだけ複数のサイトにある神話と、図書館の本です。

斉藤由貴2021-10-09 18:21:01

ソースは?

>>45
禿しく亀だが
’Αθηνηだな

本の名前やサイトを出してってことね

秋山多奈2021-10-09 18:27:07

かなり広範囲のサイトにまたがりますが、
私が使ったGoogleやinfoseekで引っかかると思います。

本は図書館で拾い読みした昭和初期あたりの本。
アポロンとサテュロスの音楽勝負あたりがそうです。
アテナの笛のサテュロスとアポロンの勝負はネット検索でも見付かります。

サラ・ポールソン2021-10-09 18:30:10

なるほど。
ツッコミどころはいくつかあるが、とりあえず最もひどい誤解を解いておくか。
神名Παν(パーン)と「全て」を意味するギリシャ語πανは全く違うぞ。
前者はαに鋭アクセント、後者は曲アクセントが付く全く別の言葉。
パーンはΠανοsって表記されることも多いな。

だぜ(学校へ行こう)2021-10-09 18:33:13

あとギリシャ語で食べるほうのパンはαρτοsね

前野悠介2021-10-09 18:36:16

なるほど。ギリシア語だとそうなるのですか。

村主章枝2021-10-09 18:39:19

「パンドラ」と、「アイギパン」のパンは、どちらのパンですか?

>>52については、メソポタミアにおける魚山羊の名前がスフルマーシュだということを
追加しておく。

きょん(ラフレクラン)2021-10-09 18:45:25

ん、少し誤解を招いたかも。
>>57で言ったのは神名Παν≠「全て」のπαν、てことであって
言語の祖形として神名のパーンとパンが同一の起源を持ち、
パーンが「全ての」というような意味合いから派生したとする説があるのは事実。
直接的にイコールではないということです。
ただこの説がどこまで信憑性があるのかは知らん。

アイギパンはアイギスとパーンが合わさって出来た言葉なので神名のほうでしょう。
人名パンドラは起源は分かりません。スマソ

吉川赳2021-10-09 18:48:28

ギリシア文字のスペルとしては別のものだが、
元は1つの言葉から派生したものであるという1つの説になるわけですね。

デュオニソス(バッコス)とサテュロス姿のパン(シレノス)が
豊穣と葡萄酒の神としてキリスト教世界でも信仰され、
マイナスのような馬鹿騒ぎがあったのは本当なんですよね?

アポロンの別名で医者の神の名のパイエオンは、かなりこじ付けでしょうか。
しかし、月桂樹とシュリンクスの神話の元ネタは、かなりの確率で同じでしょうね。

新田純一2021-10-09 18:51:31

山羊座の守護天使はサマエルで、サタンと同一視され、
山羊座の守護星は、土星で、守護神はクロノスでサタンと同一視される。

しかし、サマエルは火星の守護天使、
同じくサタンと同一視されるルシフェルは金星の守護天使。
この矛盾は深く考えないほうがいいのだろうか?

土星の守護天使は、セクンダディでオフィエル、デーモンでザフキエル、
オリンポスの七天使でアラトロンなどとあるが、
そもそもギリシア神話と、宗教的な天使の存在を同一視するのが無意味なのか。
エヴァやパンドラの話は、それより古い神話から派生した、たまたま同じものであるだけで。

チョ・ギョンフン2021-10-09 18:54:34

適当に合わせてるから仕方ない

山田章仁2021-10-09 18:57:37

昔々、バビロニアにエンキという、
海、天候、知恵を司る、山羊の角に剛毛、下半身が蛇という神がいました。
バビロニア神話のギルガメッシュ叙事詩のエンキドウも同じ格好です。
この地域の神様は蛇をモデルにしたものが多いです。
ちなみにギリシャ神話のエキドナも同じ格好です。
名前が似ていますし、昔はギリシャでも蛇を奉っていましたので、
同じ神だと考えてもいいかもしれません。
しかしやがて、ギリシャでは蛇は魔物とみなされるようになり、
エンキ神も魔物とみなされるようになりました。

バビロニアの文明から渡ってきたのはエキドナだけでなく、
アテナもシリアの出身です。トリトン川に由来する別名もあります。
ギリシア神話には別に人魚の姿をしたトリトンというエンキとあまり変わらない姿や能力の海の神がいます。
蛇の髪をした知恵の女神メデューサもシリアの出身です。
メデューサやトリトンの蛇の要素が別に独立した神となり、アテナはギリシアの神となりました。
ただし、ギリシア神話でもアテナは、山羊の盾、山羊の鎧、山羊の兜を身に付けたまま誕生し、
盾にはメデューサの絵も描かれることが多く、エンキ神の影響から完全に抜け出したとは言えません。
アテナがヘパイストスから引き取った養子のエリクトニオスの足も蛇でした。

参考資料。図書館の本。学研の本。(´A`)

古今亭菊丸2021-10-09 19:00:40

>>66
>アテナもシリアの出身です。トリトン川に由来する別名もあります。
>蛇の髪をした知恵の女神メデューサもシリアの出身です。
>参考資料。図書館の本。学研の本。

このあたりの詳細キボン
何を参考にしたのかな?

中田みのり2021-10-09 19:03:43

スマソ。リビアだね。

秋山エリサ2021-10-09 19:06:46

だから何の本を読んだんだ

星南のぞみ2021-10-09 19:09:49

ゴルゴン3姉妹のステンノが一番アテネの名前に似てるね。
だからアテネは強いのだろうか。

中村獅童(初代)2021-10-09 19:12:52

ttp://www12.plala.or.jp/sokusanhenji/i04.htm

絵が上手いね。

イ・ヨンア2021-10-09 19:15:55

アテナの別名でググってヒット
トリトニア。
ttp://www.fitweb.or.jp/~entity/uchuu/mo-se2.html
トリトニス
ttp://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/88norcas.htm
アグラウロス
ttp://zhihui.sucre.ne.jp/fpdx/kekropia/shinwa.html
アレア
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/hellenica/propn1.html
ニケ
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/hellenica/propn1.html
トリトゲネイア、トリトニス
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~l-city/data/myth50/kto.html

パラス、ミネルヴァ、トリトンは複数
シリアの女神はアナテ、アナト。

河神の娘アイギナもアテナの別名?
アグラウロスはアイギスの意味だろうか?

玉袋筋太郎2021-10-09 19:18:58

パンドラの箱を要約
アテナから子供を預かったパンドラが育てたエリクトニウスは、
成人すると戦争が起こり勝利した。

秋川雅史2021-10-09 19:22:01

アクロポリスの丘(パルテノン神殿)のサイト
ttp://homepage2.nifty.com/europe-quest/greece/athens5.htm


>>70
ステンノはSthenno
アテナはAthena
アテネならAthens

エリック・ワイナイナ2021-10-09 19:25:04

アテナの異相
ttp://red.sakura.ne.jp/~co-wards/gallery/0_12god/athena/0_athena/athena.html