海や山を神聖なものとして崇拝する民族はいるけど、
宇宙や空を信仰の対象とした民族はいないの?
もし居るのだとしたら教えてください。
宙(空)に纏わるお話しもお願いします。
コメント一覧
片岡治大2021-10-09 21:53:06

ちょっとテストさせてもらいますよ…
http://????????????????
http://????????????????
http://????????????????
http://???????????????
http://???????????????
http://?????????????

S・H・キム2021-10-09 21:56:09

おなじくさせてもらいます・・・・1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0

疋田智2021-10-09 21:59:12


2
3
4
5
6
7
8
9
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
0
1
2

千原せいじ2021-10-09 22:02:15

ゴールデンレター
このスレを見た人はコピペでもいいので
30分以内に7つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白され、17日後に
あなたに幸せが訪れるでしょう

櫻井健一朗2021-10-09 22:05:18

http://news.2ch.net/newsplus/kako/1025/10250/1025093623.html

岸田晃司2021-10-09 22:08:21

あぼーん

(w(vv

ジュリア・ベルナルド2021-10-09 22:14:27

モンゴル人は天を崇拝するようじゃが

丸尾詩織2021-10-09 22:17:30

キリスト教の神も天空神が部族の統一のために唯一神化した存在じゃなかったっけ?

パトリック・ユウ2021-10-09 22:20:33

↑ユダヤ教っていいたいのか?

味岡宏佳2021-10-09 22:23:36

古代中国では杞の国の人々は、空の上にもうひとつ世界があると信じていた
という。
「杞憂」という例えは、その空の世界がいつか落ちてくるかもしれないと、
その国の人々が心配したという故事にちなんでいる。

篠栗たかし2021-10-09 22:26:39

太陽が西に沈み、風も無く静かな夕方
カラスが何羽か「かーかー」と鳴きながら過ぎていきました。
その時なぜかカラスが天にいる神の使いなんじゃないだろうか?
などという妄想に近い思考が浮かんできました。
その後、熊野神社という社でカラスを神聖視しているという話を聞き
驚きました。
あの何でも食べるカラスが天の神の使いというのも変ですが
カラスを見る目が変りました。

カースティ・アレイ2021-10-09 22:29:42

シルクロードのサマルカンドあたりの民族。ラピスラズリの青を空にみ
立てて神聖視してるらしい。

岡田康裕2021-10-09 22:32:45

西域シルクロードでは、気温の逆転層が発生して蜃気楼が起きやすい。
古代人達は、地平線の彼方に忽然と出現する町並や隊商の幻をみて、
天空に別世界があると信じたんだろう。

熊谷仁志2021-10-09 22:35:48

ウラノス
テングリ

磯本五段2021-10-09 22:38:51

「オタク」を知らない人には解らないと思うが コミケ等のイベントで「スペース(席)」を確保する事に執着する大集団は居るよ。

木村ユリヤ2021-10-09 22:41:54

・・・で? それが?

>>43-44
有る意味 宙(→スペース)を崇拝している大集団と言えるけど 民族でも宗教でも無いよ。

「猿の芋洗い現象」の様に 突然物理的交流の無い地域に「オタク」性格の人が出現して
「コミケのスペース確保」の重要性を周囲の人に訴えたとしたら その人は宗教家というより狂ってると判断されそう。(オタクはデスクワーク好きなので暴れないだろうけど。)

ローレン・コーハン2021-10-09 22:48:00

>>38
それ、シャンバラのこと?

>>43
それは俗に言う「安息の地」「約束の地」崇拝の方向にあるものかと。

秋山エリサ2021-10-09 22:51:03

ギリシアのウラノスは、確かに天だけど、
「信仰の対象」とは言いがたい存在です。
ウラノスは、神話の中には登場するけど、ゼウスやアテナといった神々
と違って、実際にウラノスを祀っている神殿とか祭りとかはありません。
ヘシオドスの語る創世神話の中にだけ出てくるので、
この世や神々の成り立ちを説明するために設定された神と言えるでしょう。

永田ルリ子2021-10-09 22:54:06

>>47
「設定された神」ではなく、単にインド・ヨーロッパ語族の「ひまな天空神」なだけでしょ?
インドのディヤウスのように。
息子たちを迫害し、あげくちょん切られるという具体的で個性的な神話を持つウラノスが
「説明するために設定された」というのは皮相的な気がする。

ウラノスは古代後期ギリシャ人には信仰されていないだろうけど、古代前期ギリシャ人には信仰されてたかもしれないんじゃね?
大分前に読んだ本によると、ギリシャには前期と後期で別の民族がいて前期はミュケナイ文明、後期がラオ(ラコ?)メディア人によるスパルタアテネ文明で、ギリシャ神話のタイタン神族は、後期ギリシャ人が前期ギリシャ人の宗教文化を取り込んだ結果みたいな。
ま、うろ覚えだが

駒形友梨2021-10-09 23:00:12

オーストラリアのダラムルンは?

長澤知之2021-10-09 23:03:15

人型の神格化した存在を崇拝するのは次元が違う話だな。