カミ殺し((((;゚д゚))))ガクガクブルブル
コメント一覧
ハン・ウンジョン2021-10-10 00:57:32

うん。漏れも初見。ここ面白いね。

↓以下チラシの裏

東名走ってて、静岡の愛鷹あたりを通った時に思ったのだが、アシタカの村はああいった日本中部の
山岳地帯にあってサンカのように隠れ棲んでいたのかな。
あのへんだって当時は十分東の果てだし、たたらばの山までの行程の描写の短さも納得行くよな。

とっくに古本屋行きなのだが「王と天皇」だったか、ナウシカ(漫画版)を熱く語ってる文化人類学の本があったな。
どんな内容だったのかすっかり忘れちまったよ・・・・orz

黒沢ともよ2021-10-10 01:00:35

ワ ワヌシー (火の鳥のオババ調)

清水章吾2021-10-10 01:03:38


ダイダラボッチ(多羅人きりの土地)

http://www5.tok2.com/home2/okunouso/jun.htm
http://www5.tok2.com/home2/okunouso/index.htm

矢野通2021-10-10 01:06:41

これ、ギルガメシュか何かが原案だろ?

内田樹2021-10-10 01:09:44

もののけ殿

この映画の最後、アシタカは自分の村に帰りませんでしたが
その理由はなんだと思いますか?

西村知美2021-10-10 01:15:50

>>352
エミシの村は遠まわしに呪いを受けたアシタカを追い出したんだよ

掘くるみ2021-10-10 01:18:53

>>352
呪いを受けたら一生村を出なければいけないのが掟だから。
もののけ姫はこうして作られたによると、髪の毛を切ってアシタカは村を出たが、
これは人間をやめるという位の重要な意味をもっているらしい。

サム・ロックウェル2021-10-10 01:21:56

>>353
>>354
なるほど、そういう事だったんですか。
帰らなかったことが特に重要な意味を持っているわけではなかったんですね。
ありがとうございました。

林健2021-10-10 01:24:59

鹿の形のシシ神はどういったところに影響されてデザインされてるんだろう。

ギャル曽根2021-10-10 01:28:02

東北の方の博物館にシシ神そっくりの鹿の剥製が飾ってあったぞ。
目のうるうるした感じがそっくりで、宮崎はこれを見たのかなと思った。
たしか岩手あたりのストーンサークルの近くだったと思うが。

ジヒョ(TWICE)2021-10-10 01:31:05

神事の最高責任者というか頂点にいるはずの天皇が
神殺しを許可するというのはどういう意味なのでしょう。
ジバシリと呼ばれた猟師は存在したのですか?
アシタカの村は神道の影響を受けているようなので
アイヌではなく、歴史に出てこないような、それか
架空の部族とも考えられませんか。

森下能幸2021-10-10 01:34:08

 それは出雲神だからだよ。

斎藤精一郎2021-10-10 01:37:11

あの後、田村麻呂のような武将が現れ
阿屋須(森光子)らは討たれるんだろうな。

矢野有美2021-10-10 01:40:14

天皇の神殺し許可=シシ神等の征伐は、シシ神などが出雲神であったかどうかは定かではないが
(でも成程、有力な解釈。地理的にも合致する)まつわろぬ神であったため。

「もののけ姫」は、サンやアシタカの物語は単なるエピソードだと考えれば、
骨格が分かりやすい。あれはジコ坊とエボシの「まつわろぬ神征伐=神殺し」のお話し。
「森と里・・」だの花咲爺(深い森にいるはずのコダマが何故か最後に草原に出現したり)
などという思わせぶりなことをとりあえず無視すれば分かりやすい。
ジコ坊は、首は持ち帰れなかったものの、まつわろぬ神の征伐という目的は
ともかく達成できて朝廷への面子が立ち、エボシは、神殺しを実現して、
一帯の山と森を神の領域からもぎ取って強引に人間の領域にしたわけだ。
相当の犠牲を払ったが、結局エボシとジコ坊は目的を達成した勝者。

エボシの特徴は341の言うとおり。
しかし、宮崎監督の思想はともかく、あの映画は「共生」の讃歌ではなく、
「共生」が不可能である、幻想であるという歴史の事実をシビアに描いたもの。
里の山への浸食に他ならない山の里山化はあっても、山と里の共生など、
日本の歴史上なかった。

浜崎あゆみ2021-10-10 01:43:17

オコット主っていうのは、宮崎さんの別荘がある、八ヶ岳の
蕎麦屋のオコット亭からつけたんだって. 

水沼貴史2021-10-10 01:46:20

宮崎アニメを神話的にとらえると、エボシは天皇、つまり出雲をディオニソス
的と見た場合のアポロ的、秩序や文明化する方だと思う。それはナウシカでは
クシャナであり、二人とも自然の化身に腕をもぎ取られている。
まるで因縁のように。そして、そのイメージの元型は卑弥呼(手塚治的)にある
と思う。また、片腕がなかった皇女和宮が思い出される。

三浦瑠麗2021-10-10 01:49:23

実際の映画の中でもそうだね。エボシ本人は朝廷の権威など
みじんも認めていないが、神殺しのために最大限に利用し、
行動の大義名分を得ている。そういう点では、やはりエボシも
己の目的のためには天皇の権威が必要であったわけだ。
シシ神退治や猪の抹殺も、勅許状で正統化されているわけだから。
石火矢衆という名だったかな、鉄砲軍団も、元来ジコ坊から派遣された
集団であって、エボシの部下ではなかったらしいし。

二村定一2021-10-10 01:52:26

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1116902482/23
「千と千尋」自身が、そもそも、創作の話題を認めない民神のローカルルールに抵触しており、板違いです。
あえて「千と千尋」でなくとも、「宮崎総合」の形でのスレ立てで認容され得るのではないかと思います。

参考議論
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1089295454/578-

朴正洙2021-10-10 01:55:29

>>363
>片腕がなかった皇女和宮が思い出される。

ほんと?生まれつき?

野々村真2021-10-10 01:58:32

「和宮 左手」の検索結果
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2005-02,GGLD:ja&q=%E5%B7%A6%E6%89%8B+%E5%92%8C%E5%AE%AE

サム・ロックウェル2021-10-10 02:01:35

なかったと言われてるよ、写真。
http://w2.avis.ne.jp/~jomon/plan/content.html

高橋七実2021-10-10 02:04:38

写真ではあるように見えるね。ゴメンね。

美森あいか2021-10-10 02:07:41

デイタラボッチって紀州熊野の民話にもあるらしいけど
熊野にある新宮の殿様が浅野だった。
でもたたら場はない。と思う。