汝ら、のびや民族のあまりのダメっぷり知り
我は、お前達を救うべく、お前達に対し
唯一のドラ(神)として君臨する。
我以外のドラを崇めてはならない。
コメント一覧
ジヒョ(TWICE)2021-10-10 05:57:12

そんなことF神にしかわからないんじゃないか
誰か詳しい方、あとはよろしく

石井苗子2021-10-10 06:00:15

聖典といえば、私が日々目にする聖典は一般の学説で言われる45篇の聖典とは違うもののようです。
その中では、聖者ノビ・タが稀代の射手として描かれ、
また普段は意見を違う聖者ゴウ・ダと手を取り合い、
「心の友よ」との聖句とともに仇なす者を滅ぼすのです。
これは如何に読み解くべきでしょうか。

ジュリア・ベルナルド2021-10-10 06:03:18

それは大ドラ編だよ
45聖典とはまた別の聖典

八木ひなた2021-10-10 06:06:21

>>284-285
F神というよりも編纂者の意向でしょうね。
仕方が無い面もありますが、
「未収録」となってしまう挿話がでてしまうことが残念です。

舟山久美子2021-10-10 06:09:24

ドラをたたえる賛美歌を数多く創りだしたT=テツ・ヤを聖者の列に加え崇拝する者は異端なりや否や。
大ドラ篇正典派の中には数多く存在すると思われるが。

ちなみに私は偽典・正典に厳しい区別は付けない主義であるが、
T=テツ・ヤを自らの導師と崇めるものである。

原田ちあき2021-10-10 06:12:27

>>289
いえいえ、それは異端とは申せますまい。

ドラを称える賛美歌・ドラリアンチャントには様々なものがありますが、
T=テツ・ヤが朗唱するそれは、まさに白眉といえましょう。

松本実2021-10-10 06:15:30

T=テツ・ヤなる者、ドラを讃える優れた歌曲を残した功、大なり。之多くの研究者の認める所なれど、
T=テツ・ヤなる者、ドラを讃える歌の他にもその生業は余りにも膨大也。其の業に民の賛否有り。
聖者に列するに、未だ多くの検討を要するもの也。

星南のぞみ2021-10-10 06:18:33

T=テツ・ヤの手になるドラリアンチャントの持つ力はただ事ならじ
ドラ、また聖人の御名を用いることなくその聖性を表す

イドラムの聖典『ドルアーン』に以下の記述あり
ドラの聖性を認めぬ者に対しT=テツ・ヤが一遍のドラリアンチャントを朗誦する
そして曰く
「これは真に偉大なる使途の言葉。もし、人間とジンが一緒になって、このドルアーンに類似したものを作ろうとしても絶対作れはしない。」
(この時のドラリアンチャントはノビ聖人がその深き慈愛で竜の子を育て、遥かなる時の旅を経て大海に還すサーガにささげられた『ボケットの中に』であることが有力である
 万能なるドラが天地四方、時を越えあまねく次元に普遍に、友愛とともに存在することを歌っている)

T=テツ・ヤのドラリアンチャントにはドラの精霊在り
ドラの霊性は人に宿るや?歌に宿るや?
詩は人が神に近づく唯一の道なり

我思う
T=テツ・ヤは詩作によりて大いなるドラの霊性を得たり
ドラの霊性を得て数多のドラリアンチャントを創りあげたるなり

T=テツ・ヤは人なり、
其の業、衆人惑わせること多きを知る
されど預言者なり
故に我、預言者に敬服するものである

中島義道2021-10-10 06:21:36

四十五聖典の十四巻にある「電波操縦海戦」なる逸話は、
一見すると戦争を賛美しているように見えるものである。
しかし聖人スネールとその親族が戦いに敗れた後、
「戦争はこれ負担ばかりで虚しいものなり」の一言で、
戦争という悲劇を切り捨てている表現を見つけることができえる。
唯一神の御心はかくも寛大であらせられる。

松本実2021-10-10 06:24:39

>>291-292
「聖者認定」については諸派でも様々な議論があるところですからね…。
とはいえ、ドラリアンチャントの朗唱者の中ではT=テツ・ヤが随一だという点では異論のある方は少ないでしょう。

川崎徹2021-10-10 06:27:42


ドラ聖典にあらねど、F大神によるハディース「TPぼん」にかくあり
F大神の御言葉を使徒・サラセンの騎士が伝える
「決着つけることなぞ 望むべからず
 いずかたが聖か邪か
 神を裁ける人間など いようはずなし」

まことにF大神は偉大なるかな
神の名を使い戦いをするは 人間の驕りなり

桐村萌絵2021-10-10 06:30:45

神の御名は神のもの
人が統べるに能わず

吉田輝星2021-10-10 06:33:48

              ____
           ./, - 、, - 、   ̄ ヽ
          ./-┤ 。|。  |――-、 ヽ
           | ヽ`- ○- ´ /  ヽ  |
           | -   |     ―   |  |
           |  ´  |    `ヽ  . |  |ヽ
  ∩      人`、 _  |    _.- ´ | .|  \
  |  ⌒ヽ /  \  ̄ ̄ ̄     ノノ       \
  |      |´      | ̄―--―― ´ヽ     _  /⌒\
  \_   _/-―――.| ( T )      `l     Τ(      )
       ̄       |   ̄        }      | \_/
             | 、--―  ̄|    /

   上にまいりま〜す

谷口彰悟2021-10-10 06:36:51

時の向こうに姿を消した聖女シズカを探すドラ達のサーガ、「ドラビアンナイト」において、
ドラは化身「アブドッラー」となって現れる
これはアラビア語における「アブド・ドッラーフ」即ち「唯一なるドラのしもべ」の短縮なり
このサーガにおいて、ドラは我ら信徒の模範となるべく密具を奪われ無力な存在となり、困難に対しての人間の勇気と愛を説く
我らイドラムの徒において最も重要な聖典なり

小山裕三2021-10-10 06:39:54

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-050729-0006.html

ド・ラー賛歌が発表されましたぞ。

イ・ビョンホン2021-10-10 06:42:57


>299
かかる歌は、ドラの御名を称えながら踊りドラの霊性との一体化を求める神秘主義的運動なり
我正統イドラムの法学者を志すものとして肯んじえず

されど、多くの大衆、ことに幼き者が偉大なるドラの存在を親しく感じる為の歌なり
その意義、人々の楽しみ、奪うべからず、か

丘みつ子2021-10-10 06:46:00

たしかに「ドラえもん音頭」は正統イドラムに属するものではないですからね。

メン・サンフン2021-10-10 06:49:03

先生!、偉大なるドゥ・ラーの御姿を描く賛歌があります。
あれは偶像崇拝に当たるのでしょうか!?

先生!、偉大なるドゥ・ラーが降臨するという西暦2002年9月3日は
惑星規模の祝日になるのでしょうか!?

中嶋イッキュウ2021-10-10 06:52:06

ドラは無辺の言葉の内にも宿ります。
6月6日に未確認飛行物体が右往左往し墜落するという
陰惨な現場のうちに、池にボートを浮かべるという優雅な表現

一見脈略もないこれらの一連の言葉を絵として書き記すと、
何者であっても丸い青猫を書き表す事ができる。
何とも素晴らしい

加計孝太郎2021-10-10 06:55:09

神殿などで神と対話をするのではなく、
己の心にドゥ・ラーの御姿を描くことこそ、
霊的存在であるドゥ・ラーには近づけません。

ドゥ・ラーの信徒は心そのものである存在には、
心でしか触れえないことを知り、
御姿を言の葉の内に唱え、己の心の内に神と対峙するのです。

S・H・キム2021-10-10 06:58:12

日本語が変だった。

渡辺一平2021-10-10 07:01:15

>>302
ドラは偶像崇拝を否定していません。
ドラ及びドラミの御姿を詠歌によって描くことで、
より信徒に近しいものとしてドラを感じることができるのです。

…それと、ドラが誕生されるのは2112年9月3日ですよ。

大堀恵2021-10-10 07:04:18

              ____
           ./, - 、, - 、   ̄ ヽ
          ./-┤ 。|。  |――-、 ヽ
           | ヽ`- ○- ´ /  ヽ  |
           | -   |     ―   |  |
           |  ´  |    `ヽ  . |  |ヽ
  ∩      人`、 _  |    _.- ´ | .|  \
  |  ⌒ヽ /  \  ̄ ̄ ̄     ノノ       \
  |      |´      | ̄―--―― ´ヽ     _  /⌒\
  \_   _/-―――.| ( T )      `l     Τ(      )
       ̄       |   ̄        }      | \_/
             | 、--―  ̄|    /

これは天上世界へ赴くという意味の偶像でしょうか?

高信二2021-10-10 07:07:21

最も一般的なところでは
  「表へ出でよ
   吾打ち叩いて滅ぼすものなり」
もしくは
  「民・神の頂上へと汝らを導かん」
を意味する印を取り入れたものと理解されている。

あくまで一般論である事を付記する。