封神演義のスレつくったよ。
コメント一覧
森友哉2021-10-10 05:40:38

安能版面白いですよ!読みやすくて。

メル・テイラー2021-10-10 05:43:41

仙界まで大きく巻き込んだ、十絶陣、万仙陣のエピソードが個人的に面白い。
次第に戦いは聞仲程度では、どうしようもないほどの力を持つ
上位大仙同士のプライドのぶつけ合いに!
その確執から、万仙陣では仙界列強の通天教主VS元始天尊という大一番まで発展!
通天教主ってそういえば、道教での神として祭られてるますかね?
道教の関連の本を見ても、通天教主がモデルにしてるような存在を確認できなかったもので・・・。
鴻均道人は三清の一人、霊宝天尊のような役割にも似ていると思いました。

ヒコロヒー2021-10-10 05:46:44

藤崎封神は大仙人死んでるけどみんな生きてますよね。崑崙最強!

佐藤エリ2021-10-10 05:49:47

>>258
[石番]溪の釣魚台の「三清廟」では三清として太清太上老君、玉清元始天尊、上清通天教主が祭られてるってさ。
下のリンクは釣魚台のサイトだけどGoogleのキャッシュにしか残ってない…
ttp://66.102.7.104/search?q=cache:jZMSxfYhIyYJ:www.bjdyt.com/jdjj6.htm+%E9%92%93%E9%B1%BC%E5%8F%B0%E3%80%80%E9%80%9A%E5%A4%A9%E6%95%99%E4%B8%BB&hl=ja&lr=lang_zh-CN

というか霊宝天尊は同じ三清の元始天尊や太上老君より上の存在じゃないはずだから
元始天尊と太上老君と通天教主の師匠で彼らより上ということになってる
鴻鈞道人とは別に似てないじゃん。
むしろ元始天尊と同等の教主という扱いの通天教主のほうがどう考えても似てるし。
というか道教の関連本やサイトでは通天教主をよく霊宝天尊にあててるだが。

エスパー小林2021-10-10 05:52:50

黄一家って不幸だよな。親死んで兄貴も死んで祖国と戦って…。

浅井裕華2021-10-10 05:55:53

ていうか一番強い宝物ってなに?太極図?

古葉竹識2021-10-10 05:58:56

>>258
元始天尊は隋、唐時代は最高神だったらしいよ。
しかも、三清鏡より上にある大羅天に祭られることもあったらしい。

霊宝天尊は上清鏡の主神でもあったけど、修行時代に元始天尊から霊宝経を
受けとったりもしてたから、封神演義内でも通天教主は元始天尊に比べちょっと損な役割に
当てられたのかもね。

封神演義内だと、個人的には通天教主が元始天尊、太上老君、準提道人、接印道人まで敵に回してでも
戦い抜いた姿はかっこよくみえたな〜ww

フレッド・ルイス2021-10-10 06:01:59

世界史板の封神スレ落ちたね

【横山光輝】殷周伝説其之五【ジャーンジャーン】
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1106040592/l50

小澤陽子2021-10-10 06:05:02

ナタクって最終的に三面六臂の怪物になったんだっけ?

南部昭行2021-10-10 06:08:05

原始天尊頭長い<漫画

武双山正士2021-10-10 06:11:08

>>265
グンダリ明王?

高信二2021-10-10 06:14:11

確かなったはず。太乙によって。

燃え尽きた狐 孔雀 琵琶3人娘

森毅2021-10-10 06:20:17

聞仲かっけぇ

三浦洋一2021-10-10 06:23:20

>>265
道教ではその姿で、中壇元帥っていう武神として奉られるそうだ。
西遊記の悟空とも激戦を繰り広げたって話もあるみたいだよ。

赤坂泰彦2021-10-10 06:26:23

ナタクと悟空は性格が似てそう

由利徹2021-10-10 06:29:26

>>271
あるみたい、ってあーた、こういう板に出入りしていて西遊記読んだことないの????

川柳川柳2021-10-10 06:32:29

>>273
気に触るなら代わりに答えてやれ。
文句だけなら誰にでも言えるからな。
それがこの板の礼儀なんだろ?


ポール・ゴーギャン2021-10-10 06:35:32

つうか、インド神話のナラクーバラがナタの由来みたいな
小説読んだだけじゃ絶対わからないようなことならともかく
三面六臂(封神じゃ三面八臂だがな)って
小説 読 め ば 一 発 で わ か ることなんだが。
神話を扱ったサイトや解説書でも触れてるし。

こういう板にいて神話の解説書などはもちろん、小説も全く読んでない、
漫画以外読んでない、読む気もないようなのには
文句のひとつもいいたくなってもしかたないと思うんだけど。

押田岳2021-10-10 06:38:35

雷震子だっけ、改造されて(ってひどい表現だが……)普通の感覚からするとバケモノみたいな
外見になっているのに、「いやー、こんな素晴らしい身体にしてくださってありがとうございます」
みたいなこと言っていて吹いた。
そういう倫理観のぶっとび具合が面白さの秘訣だと思う。

岡田武史2021-10-10 06:41:38

元は生物の宝物って何があったっけ?

金鞭と金蛟剪くらいしか覚えてない・・・・(´ヘ`;)

日下翔平2021-10-10 06:44:41

その二つの他には生物が変化して
鞭や剪刀といった武器に変化したタイプの宝物はないはず。
哮天犬とかは犬のまんまだし。

ニエル(TEEN TOP)2021-10-10 06:47:44

中壇元帥:
道教教典によれば、玉皇上帝が世の中に魔神が多いのを嘆き
成敗する目的のため大羅仙という戦神を李靖の妻の胎内に宿らせた。
戦神の姿そのままなので、中壇元帥は身長20メートル、三つの頭と九個の目玉 八本の腕を持つ。
口からは青雲を吐き、足元には巨大な石を踏んで大声で叫べば雲や雨を自在に操り、天地が震撼した。
西遊記では、天界を荒らしまわる孫悟空を退治するため、玉帝は托塔天王(封神演義では李靖)
中壇元帥親子を派遣し、それぞれ降魔大元帥、三壇海会大神という役職に命じた。
戦場に赴いた中壇元帥は三面六臂の姿巨大なに変身し(西遊記では腕は6本とされている)
霊力のこもる6本の武器を縦横に乱舞しながら悟空に迫った。
悟空も負けじと、三面六臂の姿へと変身、如意棒を三つにわけ6本の腕で戦った。
天地震撼の戦を繰り出す両者の戦いは大地が激しくゆれ、山が動くほどの戦いになった。
打ち合うこと30合、危うくなった悟空は自分の毛を一本抜き取り、号令をかけ分身を作り
背後から中壇元帥に攻撃を仕掛けた。
この攻撃にさすがの中壇元帥も痛手をこうむり、自分の陣地へと逃げ帰った。

中壇元帥の武器

斬妖剣:
魔物を斬ることができる霊力のある両刃の剣。
カン妖刀:
妖怪を退治できる魔法の刀
縛妖索:
どんな魔物でも身動きが出来なくなる縄
降妖杵:
妖怪を叩き潰せる槌
シュウキュウ:
鋭いトゲが満載のボール上の武器
火輪:
火を噴出す車輪状の武器

こんなもんでOK?
殆どネット、専門書の流用だけどね。

柏戸剛2021-10-10 06:50:47

何も間違ってないからOKだけど、西遊記でも托塔天王は李靖だよ。

それと中壇元帥ことナタ太子に関しては
もはやその三教源流捜神大全や西遊記での神話よりも(こっちのほうが本来の神話なのにね)
封神演義での神話、例えばナタを蓮で復活させたのは釈迦ではなく太乙真人、とかのほうが一般的。
さらにそのためナタ太子の神像も西遊記の斬妖剣などより
封神演義の乾坤圏や火尖鎗を持ってるほうが一般的(例え西遊記を題材にしたドラマ等でも)
ということも加えればなおいよいかと。