日本ではオオカミは大神(おおかみ)であり神聖な動物として崇拝されており
大口の真神、犬神などと呼ばれてきた。「遠野物語」にも
何度も登場していますね。

◎日本でのオオカミ信仰について。
◎民話・神話。

などなど詳しく教えてください。語ってください。
コメント一覧
堤幸彦2021-10-10 06:37:43

あげ

安仁屋宗八2021-10-10 06:40:46

狼はしなやかな野生を感じる。

おそらく日本で一番著名な
大口真神(狼)信仰があるのは
秩父にある三峰神社だとは思いますが、
長瀞の宝登山や前述の奥多摩にある御岳山、
他にもあのあたりにはそういう神社があるんでしょうね。

昨年三峰神社に行った際に、
併設されている資料館を除きましたが、
ニホンオオカミの剥製やら
魔除けの狼の頭蓋骨製の根付
(羽村あたりにお住まいだった方から提供されておりました)など
興味深いものがいろいろ展示してありまして、
毛皮なんかは縁起物として畑5反(この辺記憶がおぼろげ。。。)と
交換されていたようで、
かなり価値あるものとして当時は
民間を流通していた気配があります。
他にもいろいろあったとは思いますが、
もっと詳しい方いろいろおしえてPLZ。

海老沢勝二2021-10-10 06:46:52

どうでもいいけど「狼と山犬は似ていて区別がつかん」
という笑話を誰も言い出さないのは既出だからですか?

有吉佐織2021-10-10 06:49:55

>>71
>魔除けの狼の頭蓋骨製の根付

これって犬歯の付いた上顎部分だけじゃない?

なんかウチにもそれらしきモノがあるんだけど・・・

康有為2021-10-10 06:52:58

>>73
ここ最近見てなかったので、
レス遅くなりましたが、まさにそれでした。
上顎部分のみのものでした。
こういったものの流通範囲や経路って
ちょっと興味あるなぁ。

メル・テイラー2021-10-10 06:56:01

>>74
やっぱりそうでしたか。
昔婆さん聞いた時からずっと犬のだと思ってたんだけど
狼で間違いないのかな?

>流通範囲や経路
爺さんも婆さんも既に居ないので、詳しいことは解らないです。
両親も知らないらしいし。
因みにウチは春日部市です。

竹森俊平2021-10-10 06:59:04

参考までにこんなやつでした。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~mystudy/kikite/what%20is%20netuke/sozai/jaw1.jpg
三峰で見たのは塗装されていなっかたかなぁ、
記憶がおぼろげ。。。

緒方耕一2021-10-10 07:02:07

コレコレこんなヤツ!
あとで引っ張り出して来てうPするので気長に待っていて下さい。

デジカメの接続ケーブルが見当たらない・・・

日野晃博2021-10-10 07:05:10

どうもお待たせしました。
約20年ぶりに出してきたので、チョット汚い・・・
歯もクラック入ってるし

http://reno3583.hp.infoseek.co.jp/File001.JPG

71さんの画像と比べるとウチのはグロいかもw

岡田万里奈2021-10-10 07:08:13

画像うpお疲れ様です。
拝見させていただきました。
牙も鋭くて迫力ありますね。
貴重なものでしょうから今後もお大事になさってください。

ともかく魔除けの目的で作られているもののようで、
狐憑き防止だという話も聞きます。
たとえばここ↓
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/gallery/ire/ire_3_07.html

他にここの狐憑きについてもリンクしておきます。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/990291054/l50

というわけで、満を持してage。

咲良菜緒2021-10-10 07:11:16

先日Yahooを見ていてこんな記事もありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040228-00000178-kyodo-soci

まあ、この写真が専門家いわくニホンオオカミなのだそうですが、
三峯山、宝登山や御岳山などで配っている護符に表現されている、
大口真神の姿を髣髴とさせるものがあると思います。

またこんな記事もありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040420-00000005-maip-soci

頭骨のミイラが仏壇にしまわれていたというのもさることながら、
赤ん坊の夜泣き封じのまじない目的だったと言うのも、
非常に興味ある話だと思いました。

また関連ある本を1冊見つけたので紹介しておきます。
栗栖健『日本人とオオカミ』-世界でも特異な関係とその歴史(雄山閣 2004年2月)

ニーコ2021-10-10 07:14:19

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040628-00000012-nnp-kyu

ニホンオオカミ関連記事1件

島元雅夫2021-10-10 07:17:22

保守

中村繁之2021-10-10 07:20:25

あんまり関係ないけど、三峰神社の宮司達って感じ悪い。

山田スミ子2021-10-10 07:23:28

最近知ったんだがニホンオオカミの復活プロジェクトが
あったらしいですね。

ttp://www2.freejpn.com/~az1156/page133.html

オオカミの話とは関係ないけど、
最近、猪や猿の害を防ぐために犬を放し飼いにしたところがあったとか。
結構効果があるのではとのお話でした。

作物を荒らす害獣への効果的な人間様の対抗策は、
今でもやっぱり大口真神なのかなとちょいと思ったりしたもので。

青柳翔2021-10-10 07:26:31

>>84
へぇ。そんな対策やってたんだ。
オーストラリアだかニュージーだかに野生化した犬・ディンゴっていたよね。
何十年もしたら、あんな感じで野生化したイヌが大口真神よろしく野山を駆け巡る日が来るのかな。
そうなったらなったで、危険とかつって駆除されんのかな。

山田康夫2021-10-10 07:29:34

「オオカミは ウルフ、狼[ロウ]では無い」説を流布中です。

「犬という言葉も イネ(稲)やイノ(猪)を取り違えた渡来人が作った言葉」説です。
日本でアレ(犬)は「狗の獅子」「大ムジナ」で有り、
ウルフ・狼[ロウ]については 流氷に乗って流れ着いたような個体のみしか存在していないので名無し。
(そんな怖いものが日本の山に住んで居たら豆ジカとかタヌキとか絶滅してる筈。)

「オオカミ(大神)」は「山の自然の生態系の安定を表した概念」で有り 動物の中の一種類の名前では無いよ説!!

イーロン・マスク2021-10-10 07:32:37

「犬」や「狼」の言葉のルーツはともかく、
確かに「オオカミ(大神)」という神観念は、
「山の自然の生態系の安定を表した概念」なのかもしれませんが、
ご先祖がそれをシンボリックにとらえた物体こそ、
「山にいた犬のような動物」なのですよと。
いわばかつて生態系の頂点にいた動物であり、
シカの唯一の天敵だったわけですね。

まあ関係があるかどうかは知らんけど、
奈良の春日神社あたりに鹿がうろうろしてるのはおなじみですが、
19世紀ごろまで「山にいた犬のような動物」が
うろうろしているのが見られたそうです。
出典わすれたw

篠栗たかし2021-10-10 07:35:40

真神(まがみ)という名の表現がとても不自然だと思う。
別の例を知ってる人いる?

クラーク・ゲーブル2021-10-10 07:38:43

真神(まかみ)
(「まがみ」とも)「おおかみ(狼)」の異名。

Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-ban (Revised edition)
Shogakukan 1988.国語大辞典(新装版)小学館 1988.

森下能幸2021-10-10 07:41:46

別の例だってば。>89
特に狼のことだけを指す言葉なのだとしたら、やはり不自然な名だな。
むしろ「禍(まが)」の転だと考えた方が説得力がある。
直接的に「禍」などと忌み言葉で呼ぶと祟られそうだから、
「まがみ」などとおもねって表現を曲げたのじゃないかな。

祟りを畏れた日本人は、名を替え続けるくせがあるよね。昔から。今も。

原田文明2021-10-10 07:44:49

ttp://www6.ocn.ne.jp/~kanpanda/index.html

おもろい

浜崎あゆみ2021-10-10 07:47:52

良い狼の昔話を検索しているうちにこのサイトにたどり着きました。
「天之御名無主」さん、狼の恩返しの民話(喉に骨が刺さった狼を助けたら
鹿を持って恩返しに来たという話、私も聞いた事があります。
その話のタイトルわかりますか? 
日本では狼は律儀な動物だと思われているにしては、良い狼に関しての
昔話や民話、逸話などがあまり聞きませんね。
この他に狼に関しての良い話を知っていたら教えてください!!