四季報記者が注目する2024年大化け期待の10銘柄(2月10更新)

明日の狙い目 4 Months+ 1929

東亜建設工業 <1885> 
今期経常を29%上方修正・28期ぶり最高益、配当も40円増額。また、3月31日現在の株主を対象に1→4の株式分割を実施。このほか、発行済み株式数の2.2%にあたる50万株の自社株を消却する。消却予定日は4月2日。

アーレスティ <5852>
4-12月期(3Q累計)経常が黒字浮上で着地・10-12月期は25%増益。、また、発行済み株式数(自社株を除く)の2.37%にあたる60万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施。2月19日付で53万株の自社株を消却する。

日本金銭機械 <6418>
今期経常を15%上方修正、配当も12円増額。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.15%にあたる122万株(金額で20億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は2月9日から2月29日まで。

■ウェルビー <6556> 
MBO(経営陣が参加する買収)による株式の非公開化を目指す。ポラリス・キャピタル傘下のPTCJ-5ホールディングスがTOB(株式公開買い付け)を実施する。TOB価格は1株1089円で8日終値を30%上回る水準。買い付け期間は2月9日から3月26日まで。
New Post (2)
  • 明日の狙い目 4 Months+
    Quote 2Floor
    博展 <2173> 
    23年12月期(9ヵ月の変則決算)の連結経常利益を従来予想の6.9億円→10.3億円に48.9%上方修正。前期業績の上方修正は昨年12月に続き、2回目。追加受注による案件単価の上昇に加え、外注費の抑制などコスト管理を進めたことが上振れの要因となった。
     
  • 明日の狙い目 4 Months+
    Quote 3Floor
    タカトリ <6338>
    24年9月期第1四半期(10-12月)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の7.5億円に急拡大して着地。電子機器事業でパワー半導体向けSiC材料切断加工装置などの販売が好調に推移し、83.5%の大幅増収を達成したことが寄与。
Back
Create New Thread